( BALENCERの生成AIサービス )

お問い合わせ

TAG
CONTACT US

ChatGPT Team?Slackボット?生成AIの企業導入はじめの一歩

INDEX

生成AIの企業導入:はじめの一歩として正しいのはChatGPT Team?それともSlackボット?

Slack or ChatGPT

近年、AI技術の進化に伴い、ビジネスの世界でもその活用が急速に広がっています。中でも、OpenAIの提供するChatGPTは、その柔軟な応用性と高い利便性から、多くの企業に注目されています。今まではChatGPTを企業に導入しようと思うと必ず出てくる壁が「データを漏洩したくない」というものでした。そのため、初手としてはまずAzureなどからアプリを実装し、ユーザー側にはSlackなどのチャットツールで使わせるという方法をとることがほとんどでした。

今回ChatGPT Teamというプランが発表され、データの学習をさせないことがデフォルトになり、ついに中小企業でも気軽に業務用にChatGPTを使える環境が整いました。

この記事では、特に「ChatGPTのTeamプラン」と「SlackでのAPI経由の実装」という二つの選択肢にスポットを当て、それぞれの基本的な概要と違いについて解説します。

ChatGPTのTeamプランは、チームや組織全体での利用に特化したサービスです。一方、SlackでのAPI経由の実装は、既存のコミュニケーションツールにChatGPTの機能を組み込む方法です。これらは、それぞれ異なるニーズやシナリオに適しており、ビジネスユーザーにとっての選択肢を広げています。

技術的な詳細に詳しくないビジネスユーザーを対象に、この記事は、両プランの基本を簡潔に、そしてビジネスシナリオに基づいた実用性の観点から解説します。これにより、読者の皆様が自社の状況に最適なChatGPTの利用法を見つける手助けとなることを目指しています。

ChatGPTをTeamプランで使う

ChatGPTのTeamプランは、ビジネスチームや組織全体でChatGPTの機能を活用するためのサービスです。このプランの最大の特徴は、複数のユーザーが共有アカウントを利用して、組織全体での効率的なAIの活用を可能にする点にあります。

中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

主な機能と特徴:

  1. 共有アクセス: チームメンバーは同じアカウントにアクセスし、コラボレーションを行うことができます。
  2. カスタマイズ可能性: 組織のニーズに合わせて、独自知識やツールを持たせたボットを作成することができ、特定のタスクを行わせることができます。
  3. データセキュリティとプライバシー: ビジネスに不可欠なデータ保護とプライバシーの確保が強化されています。

適したビジネスシナリオ:

  • テキストや画像作成のサポート: 業務に関する知識をベースにタスクを行わせることができます。商品説明文の作成やアンケートの分析、画像や動画の生成・編集など机に向き合って行う仕事はほぼサポート可能です。
  • 調査・分析: 業務で必要な調査や分析を、ChatGPTを介して効率的に行うことが可能です。これはChatGPTのUIが優秀なので非常にスムーズに行うことができます。
  • 内部コミュニケーション: 社内のFAQや通知、日程調整などをChatGPTがサポートします。

眠った大量のアンケートを資産に! ChatGPTを使って自動解析する方法。

生成AIで経理業務をクリエイティブな仕事に変革しよう!

Teamプランは、組織内のコミュニケーションとコラボレーションを強化し、業務の効率化を図るための強力なツールとなります。特に、複数のスタッフが関わる業務プロセスにおいて、その価値を最大限に発揮します。

ChatGPTをSlackでのAPI経由で使う

SlackでのChatGPTのAPI経由の実装は、ビジネスのコミュニケーションツールにAIの力を組み込むことを可能にします。この方法では、Slack内で直接ChatGPTを利用し、様々な業務プロセスを支援することができます。

主な機能と特徴:

  1. 直接統合: Slack内でChatGPTを直接活用し、リアルタイムでの対話やタスク処理が可能です。
  2. カスタマイズの自由度: APIを通じて、Slack内でのChatGPTの応答や機能を自由にカスタマイズできます。
  3. 多様な用途: 会議のスケジューリング、データ検索、簡単な問い合わせ対応など、幅広い用途で利用可能です。

適したビジネスシナリオ:

  • 即時のコミュニケーション: チームメンバー間の即時的なコミュニケーションや情報共有に役立ちます。
  • 業務自動化: Slackのオートメーションと組み合わせることで日常的な業務の自動化を支援し、作業効率を向上させます。
  • 情報アクセスの簡素化: 必要な情報へのアクセスを簡単にし、迅速な意思決定を促進します。

【画像で導く】SlackとChatGPTの導入・連携方法を解説

SlackでのAPI経由の実装は、特に日常的なコミュニケーションと業務の効率化において大きなメリットを提供します。これにより、チームワークと生産性の向上に寄与することが期待されます。

両者を比較してみた

それぞれを比較した時の優位性についてまずまとめてみました。

  1. ChatGPTのTeamプラン
    • 目的: 主にビジネスチームや教育機関などが、ChatGPTをチームベースで利用するためのプランです。
    • 特徴:
      • 簡単なセットアップ: 既存のChatGPTをチームに統合しやすく、導入が容易です。
      • ユーザー管理: チームメンバーの追加や管理が容易に行えます。
      • プライバシーとセキュリティ: データのプライバシー保護やセキュリティ対策が強化されています。
      • カスタマイズ: 一定のカスタマイズが可能で、特定の業界やニーズに合わせたモデルの調整が行えます。
  2. SlackでGPTのアプリ作成
    • 目的: コミュニケーションプラットフォーム上で、独自のGPTアプリケーションを開発・運用する方法です。
    • 特徴:
      • 柔軟性: SlackやAzureの広範なサービスと組み合わせることで、高度なカスタマイズや拡張性があります。
      • コミュニケーションとの親和性:他の人の利用がそのまま見えるので社員間の使い方の共有がスムーズになります。また、スレッドごとにタスクの履歴が溜まっていくので引き継ぐ際も過去の投稿を見るだけで可能になります。
      • スケーラビリティ: 必要に応じてリソースを拡張し、大規模な運用にも対応可能です。
      • インテグレーション: 他のSlackやAzureサービスやAPIとの連携が容易で、複合的なソリューションを構築できます。
      • コスト: 利用するリソースやスケールに応じて費用が発生しますが、細かいコントロールが可能です。

これらを表にまとめると以下のようになります。

特徴 / プラン ChatGPT Teamプラン AzureでのGPTアプリ
セットアップの容易さ
ユーザー管理
プライバシーとセキュリティ
カスタマイズ性
柔軟性
スケーラビリティ
インテグレーション
コスト管理

まとめ:実装方法の選び方

  1. ChatGPTのTeamプランを選ぶべき場合:
    • 簡単な導入を求める場合: 既存のChatGPTの機能をすぐに利用したい場合、セットアップが簡単で迅速に導入できます。
    • プライバシーとセキュリティが重要な場合: チーム専用のプライバシー設定やセキュリティ対策が整っています。
    • カスタマイズのニーズが限定的な場合: 特定の業界やニーズに合わせた基本的なカスタマイズが可能ですが、高度なカスタマイズは限られます。
    • リソースや技術力に制限がある場合: 高度な開発スキルや追加のリソースが不要です。
  2. AzureでGPTのアプリを作成する場合:
    • 高度なカスタマイズや拡張性を求める場合: 独自のニーズや特定の業務プロセスに合わせて、高度にカスタマイズしたい場合に適しています。
    • 大規模なスケーラビリティが必要な場合: 企業の成長や需要の変化に応じてスケールアップが可能です。
    • 他のAzureサービスとの統合を計画している場合: Azure上でのアプリケーション開発に慣れており、他のAzureサービスとのシームレスな統合を図りたい場合に適しています。
    • 開発リソースと技術的な能力がある場合: カスタマイズや運用には、ある程度の開発スキルやリソースが必要です。

結論として、簡単な導入、ユーザーフレンドリーさ、基本的なカスタマイズを重視する場合は「ChatGPTのTeamプラン」、高度なカスタマイズ、拡張性、大規模な運用、またはAzureのエコシステムとの統合を重視する場合は「AzureでのGPTアプリ開発」が適しています。また、コスト面も重要な判断基準になりますので、それぞれのプランにかかる費用も考慮する必要があります。


 

*この記事は生成AIによって半自動的に生成しています。

大好評!「マーケティングのための生成AI活用大全」のダウンロードはこちらから

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

 

弊社ではChatbotの開発や生成AIを活用した記事作成なども行っています。弊社の具体的な事例もありますのでご興味がある方はこちらからご覧ください。

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

 

LATEST ARTICLE

最新記事

動画生成AI徹底比較:OpenAIのSoraは従来のAIと何が違うのか

ライティング生成AI徹底比較!: SimplifiedとCatchy

タックスヘイブン

生成AIと著作権:日本がタックスヘイブン化?世界が注目する理由

Copy.ai vs Writesonic

ライティング生成AI徹底比較:Copy.aiとWritesonicを使ってみた

AI秘書

生成AIと秘書:日程調整、実際にどこまでできる?カスタムGPTでやってみた。

Slack or ChatGPT

ChatGPT Team?Slackボット?生成AIの企業導入はじめの一歩

飲食・ヘアサロン

生成AIと飲食・ヘアサロン:猫の手も借りたい現場を支えるChatGPTの活用事例

多様なチームとロボット

中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

経営者スカウター

経営者と生成AI:コードを使わず、自分でキャッシュフローの分析をやってみよう

経理ロボ

経理業務における生成AIと既存ツールとの棲み分けについてChatGPTに聞いてみた

生成AI書籍カバー

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

RAG 著作権

RAGと著作権:引用?盗用?著作権違反にならないためのポイント

著作権

生成AIと著作権:どうあるべき?世界のAI著作権事情と適切な画像生成ツール

個人情報漏洩

生成AIで近づく、個人情報ディストピア:事例やリスク・対策を解説

会計監査ロボット

会計監査と生成AI:大量の財務データを高速かつ正確に分析

農業ドローン

生成AIによる新たな農業革命:自動収穫から最適化まで事例を解説!

職業安定所

生成AIと仕事:奪われる職業と、どこでも必ず求められるたった一つのスキルとは

image-generation

ざっくり比較!DALL-E3など4つの主流画像生成AIとビジネスへの応用

Chatbot examples

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

スポーツアドバイザー

生成AIでスポーツはどう進化していく?:高度化するトレーニングと試合

CONATCT

ご相談は下記フォームよりお気軽に

※弊社サービスを真剣にご検討されている方のためのお問い合わせを妨害するような営業メールは固くお断りします。

※年間お取引社数を決めて、お客様に向き合うスタンスの為、冷やかしや同業他社の探りのような連絡も控えてください。

※テンプレートのような内容で一斉に送っていると思われる内容に返信することはありません。

※ブランディング、各種コンサルティングサービス及びWEB・システム・AI実装など真剣にお悩みの場合はお気軽にお問い合わせください。

© BALENCER inc