( BALENCERの生成AIサービス )

お問い合わせ

TAG
CONTACT US

生成AIで経理業務をクリエイティブな仕事に変革しよう!

INDEX

生成AIで経理業務をクリエイティブな仕事に変革しよう!

経理

経理業務における生成AIの可能性

経理業務とは、企業の財務状態を把握し、効率的な資金運用を行うための重要な役割を担っています。しかし、多くの時間を要する繰り返し作業が多いのも事実です。インボイスの発行、収支の記録、経費の精算、月次決算の準備など、これらの作業は正確さが求められるため、細心の注意を払って行わなければなりません。

一方で、生成AIは、データをもとに新しい情報を生み出す技術であり、経理業務の革新に対する期待が高まっています。

近年のAI技術の進歩により、経理業務におけるデータの入力、分析、予測などの作業を自動化し、人間の作業負担を軽減しつつ、一方の人間はそこから洞察を引き出すことに集中することが可能になってきています。

生成AIが得意な領域

自動仕訳

生成AIを導入することで、経理業務の中でも特に時間がかかる仕訳作業を自動化できます。例えば、銀行からの入出金データを基に、AIが適切な勘定科目を割り当てることが可能です。これにより、従来は人の手で一つ一つ仕訳を行っていた作業が、AIによってリアルタイムで処理され、誤入力のリスクを減らしながらも作業時間を大幅に削減することができます。

これは生成AIと言わず既存のクラウド会計ソフトでも可能ではあります。

freee会計なら、記帳業務を自動化できます

これは非常に便利ですが、学習させようと思うとしばらく使い続けないといけません。ただ、今後はこの学習プロセス自体もスムーズになっていくと考えられます。

請求書の自動生成と処理

生成AIを活用すると、請求書の作成や処理が大幅に楽になります。受注情報から請求書を自動生成し、支払いの確認までを一連の流れで処理できるようになるのです。AIが顧客ごとの契約条件や価格設定を学習し、これに基づいて正確な請求書を生成します。さらに、支払い状況の追跡や遅延通知の自動送信などもAIが行えるため、経理部門の負担が軽減されます。

予算策定と財務分析の支援

AIは過去のデータを分析し、より正確な予算策定や財務分析を行う手助けをしてくれます。このような分析作業にAIを活用することで、経営の意思決定を効率的に行えるようになります。たとえば、AIは過去数年間の販売データ、市場のトレンド、季節性などを考慮して、次期の売上予測を立てることができます。これにより、企業はより精度の高い予算計画を立て、資源の配分を最適化することが可能になります。

財務分析も生成AIで効率化!あらゆる資料を読み込んだアシスタントをつくろう。

またコンサルティング会社も独自サービスを展開しつつあります。下記のような、企業によっては日常的に頻発している業務を自動化することで、人間のやるべきことはよりクリエイティブで戦略的な仕事になると考えられます。

財務経理領域における生成AI活用の可能性(適用範囲の例示)

  • 会計基準や社内の経理規程に関する問い合わせへの回答
  • 上記、問い合わせへの回答の元となる基準やルールの照会
  • 有価証券報告書における開示の記載内容のドラフト作成
  • 契約書からのリース取引の自動抽出 他

KPMGジャパン、生成AI×Finance 生成AIを活用した財務経理領域の支援サービスを開始

効率化とコスト削減の実例

実際にAIを経理業務に導入した企業では、業務の効率化により、大幅な時間削減を実現しています。また、人件費の削減やエラーの減少によるコスト削減も見込めます。例として、ある中堅企業ではAIの導入により経理業務の処理時間を50%削減し、その結果、経理部門の人員を再配置し、他の業務に注力することができるようになりました。また、AIによるデータ処理の正確性向上により、過去には避けられなかった複数の入力ミスも防止でき、それに伴う財務上のリスクも低減しています。

経理職の役割の進化

生成AIの導入により、経理職の役割はより戦略的なものへと変化していきます。データ入力や照合といった作業から解放され、分析や経営へのアドバイスといった価値の高い業務に注力できるようになるのです。経理職員は、単純作業ではなく、データに基づいた洞察や戦略的な判断を行うことが求められるようになります。これにより、企業は経理部門を単なるコストセンターではなく、ビジネス成長のための重要な資産として活用することができるようになります。

生成AIを経理業務に取り入れるステップ

生成AIを経理業務に導入するためには、まずはどの業務にAIを活用するかを明確にすることが大切です。その後、適切なAIツールを選定し、従業員のトレーニングを行うことで、スムーズな導入が可能になります。継続的な学習と適応が、AIを活用した経理業務の成功の鍵です。企業はAIの導入を検討する際に、現在の業務プロセスを見直し、AIの導入によってどのように改善されるかを評価する必要があります。また、従業員がAIツールを使いこなせるように、適切なトレーニングとサポートを提供することも重要です。これにより、経理業務の効率化だけでなく、従業員のスキルアップも図れるため、企業全体の競争力を高めることができるでしょう。

 


*この記事は生成AIによって半自動的に生成しています。

弊社ではChatbotの開発や生成AIを活用した記事作成なども行っています。弊社の具体的な事例もありますのでご興味がある方はこちらからご覧ください。

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

また生成AI活用のイメージが湧かない、課題感はあるが言語化できていないという方はお気軽にこちらからお問合せください。

お問い合わせ

 

 

LATEST ARTICLE

最新記事

知識が貯まれば貯まるほど強くなる!NotionとAIで爆速経営しよう

NAVID IAイメージ

今更聞けない!?世界三位の企業NVIDIAは、どの生成AIが勝っても勝つ

Copilot+PCのイメージ画像

生成AI戦争はデバイスへ:Copilot+ PCsとその競合

ChatGPTもこうなる?自律型エージェントMultiOnは怖いくらい実用的

生成AIで作成した子どもたちのお誕生日会

動画生成AI徹底比較:OpenAIのSoraは従来のAIと何が違うのか

AimplifiedとCatchyの比較記事のトップバナー

ライティング生成AI徹底比較!: SimplifiedとCatchy

タックスヘイブン

生成AIと著作権:日本がタックスヘイブン化?世界が注目する理由

Copy.ai vs Writesonicのトップバナー

ライティング生成AI徹底比較:Copy.aiとWritesonicを使ってみた

AI秘書

生成AIと秘書:日程調整、実際にどこまでできる?カスタムGPTでやってみた。

Slack or ChatGPT

ChatGPT Team?Slackボット?生成AIの企業導入はじめの一歩

飲食・ヘアサロン

生成AIと飲食・ヘアサロン:猫の手も借りたい現場を支えるChatGPTの活用事例

多様なチームとロボット

中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

経営者スカウター

経営者と生成AI:コードを使わず、自分でキャッシュフローの分析をやってみよう

経理ロボ

経理業務における生成AIと既存ツールとの棲み分けについてChatGPTに聞いてみた

生成AI書籍カバー

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

RAG 著作権

RAGと著作権:引用?盗用?著作権違反にならないためのポイント

著作権

生成AIと著作権:どうあるべき?世界のAI著作権事情と適切な画像生成ツール

個人情報漏洩

生成AIで近づく、個人情報ディストピア:事例やリスク・対策を解説

会計監査ロボット

会計監査と生成AI:大量の財務データを高速かつ正確に分析

農業ドローン

生成AIによる新たな農業革命:自動収穫から最適化まで事例を解説!

CONATCT

ご相談は下記フォームよりお気軽に

※弊社サービスを真剣にご検討されている方のためのお問い合わせを妨害するような営業メールは固くお断りします。

※年間お取引社数を決めて、お客様に向き合うスタンスの為、冷やかしや同業他社の探りのような連絡も控えてください。

※テンプレートのような内容で一斉に送っていると思われる内容に返信することはありません。

※ブランディング、各種コンサルティングサービス及びWEB・システム・AI実装など真剣にお悩みの場合はお気軽にお問い合わせください。

© BALENCER inc