( BALENCERの生成AIサービス )

お問い合わせ

TAG
CONTACT US

生成AIと飲食・ヘアサロン:猫の手も借りたい現場を支えるChatGPTの活用事例

INDEX

生成AIと飲食・ヘアサロン:猫の手も借りたい。そんな現場を支えるChatGPTの活用事例

飲食・ヘアサロン

現代の飲食・ヘアサロンなどの業界は、特に最近人手不足が深刻です。少ない人数で多くのことを同時にやらないといけない、一つの店舗を一人で切り盛りしないといけない、ということも少なくありません。

競争が激化する中で、業務効率化と顧客満足度の向上は、飲食店やサロン経営者にとって欠かせない課題となっています。最近ではキャッシュレスの流れでAirレジを中心に様々なツールが現れ、顧客満足を上げるにはテクノロジーの導入が重要だということは共通認識になりつつあります。

最近はくら寿司は本当にすごいですよね。私はエストニアにいるので気づいていなかったのですが、あの予約の流れ、爽やかにガチャを回させる仕組み、人が介在しなくても寿司がテーブルにすぐ届くフォーマット・・・。エンターテイメントと効率性が同居した非常に日本独特な形態だと思いました。

一方で、スタッフ側の仕事はどうでしょうか?従来の紙や口頭ベースのやりとりで、経験知に依存した組織になっていないでしょうか。人手不足が深刻な中、顧客側だけでなく業務の裏側にもテクノロジーの導入することで職場の魅力を高めることができます。特にChatGPTを中心とした生成AIの進歩は、業務の自動化や効率化において大きな可能性を秘めています。

本記事では、生成AIの代表選手であるChatGPTと、ビジネスコミュニケーションツールのスラックを組み合わせることで、飲食・ヘアサロンの業務をどのように変革できるかを探ります。

具体的には、マーケティング、スタッフ管理、在庫管理、さらにはECサイト運営における効率化の可能性に焦点を当てます。これらの分野で生成AIを活用することにより、飲食店やサロン経営者がどのようなメリットを享受できるのか、実用的な事例を交えて解説していきます。

この記事を通じて、経営者の皆さんがテクノロジーの導入によって業務効率化を実現し、より多くの時間を顧客サービスの向上や創造的な業務に充てられるようになることを目指します。

生成AI・ChatGPTとは何か?

検索ツールの代わりに使える、詩も歌もつくれるなど話題に事欠かないChatGPTですが、最近は本格的に業務を助けるツールになってきています。

ChatGPTは、OpenAIによって開発された最先端の人工知能技術です。これは、大量のテキストデータを事前に学習し、その学習を通じて自然言語の理解と生成を行うことができるモデルです。簡単に言えば、ChatGPTは文章を書いたり、ユーザーの質問に答えたり、さまざまなテキストベースのタスクを自動化することができます。

スラックとの統合では、このChatGPTをビジネスコミュニケーションの中に活用することが可能です。例えば、スラック上での顧客からの問い合わせに自動で返答するボットを設置したり、社内のFAQを自動で管理したりすることができます。これにより、コミュニケーションの効率化はもちろん、より高度な顧客対応や業務の自動化が実現可能になります。

この技術が飲食・ヘアサロン業界にもたらす可能性は計り知れません。次のセクションでは、具体的なChatGPTの活用事例に焦点を当てていきます。

飲食・ヘアサロンでのChatGPT活用事例

飲食・ヘアサロン業界では、効率的な業務運営が非常に重要です。ここでは、スラック上にChatGPTを活用したボットを配置することで業務を効率化する具体的な事例を詳しくご紹介します。

活用事例一覧

  • スタッフのスケジューリングと管理:
    • ChatGPTはスタッフの勤務スケジュールを自動生成し、また休暇申請やシフト変更のリクエストもメッセージで受けることができます。
    • また、従業員の勤務パターンや希望を分析し、公平かつ効率的なシフト配分を提案します。
    • これにより、管理者の手間が軽減され、スタッフ間のコミュニケーションもスムーズになります。
  • 在庫管理と発注:
    • ChatGPT経由で在庫レベルを追跡し、適切なタイミングで発注提案を行います。スラックから気軽に特定の商品の状況について聞くことも可能です。
    • 使用頻度や季節変動を考慮した在庫管理を可能にし、無駄な在庫保持コストの削減に貢献します。
    • 緊急の在庫不足や過剰在庫の状況にも迅速に対応でき、ビジネスの流れをスムーズに保ちます。
  • マーケティングサポート:
    • ChatGPTは顧客データとインタラクション履歴を分析し、ターゲットに合ったマーケティング戦略を提案します。
    • ソーシャルメディアの投稿内容を最適化し、より多くの顧客にリーチできるようにサポートします。
    • 特別なプロモーションやイベントの企画にも活用でき、顧客の関心を引きつけます。
  • 商品説明文の作成と画像編集:
    • ChatGPTは商品の特徴や魅力を引き出す説明文を自動で生成し、消費者へのアピールを強化します。
    • 基本的な画像編集の指示を自動化し、ECサイトのビジュアルを魅力的に保つことができます。
    • これにより、ECサイトの商品ページがよりプロフェッショナルで魅力的になり、顧客の購買意欲を高めます。
  • EC業務のサポート:
    • ChatGPTは在庫状況の更新を自動化し、顧客に最新の情報を提供します。
    • 購買履歴や顧客の嗜好を分析し、パーソナライズされた商品提案を行います。
    • 販売データの分析を通じて、より効果的な販売戦略を策定するのに役立ちます。

具体例1:商品説明文の生成

たとえば商品説明文の作成はセンスが問われ、また時間のかかる作業です。業態によっては専門知識も必要となるので誰でもできるタスクではないかもしれません。また数も多くなりがちです。この商品説明文の生成を行ってみましょう。

まず、ここに仮の商品「デルシニャン」という紅茶を用意しました。(架空のもので、これもChatGPTに生成してもらいました。

デルシニャン

ではこの商品の画像を見せて、下記のように指示してみました。

この写真の紅茶の商品説明文を架空で作成してください。シズル感を出し、買いたい気持ちにさせてください

そして回答がこちらです。

伝統を受け継ぎながらも現代の洗練を映し出す、「デルシニャン」の紅茶は、深みのある緑色のパッケージに金色の装飾が施された逸品です。この豊かなブレンドは、1685年に遡る秘伝のレシピから作られており、選び抜かれた茶葉が持つ自然の風味をそのままに、味わい深い一杯を約束します。78度で3分間煎れることにより、茶葉の本質を引き出し、究極の味わいをお楽しみいただけます。このパッケージの中には、長い年月を経て磨き上げられた、至福のひと時をもたらすための紅茶が詰められています。さあ、デルシニャンの紅茶で、日常に小さな贅沢を。

これは架空の設定なので歴史からノウハウまで勝手に作ってくれていますが、実際の運用の際には商品知識を入れた上で説明文を生成させるとより確かなものになるでしょう。

ちなみに気になったので、デルシニャンの名前の由来についても聞いてみました。

「デルシニャン」の名前は架空のものですが、その響きから想像するに、ヨーロッパの貴族的な雰囲気や古い文化を連想させるような由来を持つかもしれません。例えば、デルシニャンという名前は、ある伯爵家の名前や古い地名から取られたという設定で、紅茶の歴史や品質に深い意味を与える物語を紡ぎ出すことができるでしょう。それは紅茶が作られた地域の伝統や、創業者の名誉を象徴する名前として用いられているのかもしれません。

あとから由来を考えるスタイルのようです。

具体例2:画像編集

今はChatGPTからCanvaと連携することも可能です。Canvaでは様々な用途に合わせたデザインを気軽に適用して新しい画像や動画をつくることができます。まず生成AIは使わずにCanva自体の機能で先ほどのデルシニャンの再入荷予告をインスタグラムのストーリー用に作りました。テンプレートに文字を当てはめただけなので、3分程度で完成です。

非常に便利ですね。ではCanvaの生成AIの機能を使ってみましょう。

Canvaの生成AI機能

CanvaのAIは画像の編集に必要な機能が揃っています。

Canva機能一覧

ここではデルシニャンを離れて、シンプルにカバンの色を変えてみます。スマホからの操作では、色を変えたいものを手でなぞって、指示をします。

まずは花柄にしてくださいと伝えました。

手に持っているものを猫にしてください、というとこうなりました。

カバンであることは変わらないですね。あくまで表面の色やテクスチャを変える機能であるようです。

このように、本来デザイナーにお願いする必要のあったタスクもChatGPTとCanvaを使うことで、新入社員でも実行可能になりつつあります。こうした機能がスラックなどのチャットツールからアクセス可能であれば、現場にいてもスマホで一つ一つタスクをこなすこともできます。なかなか落ち着いて座って作業のできない飲食店やサロンの現場からすると非常に嬉しい働き方改革です。

導入のメリットと注意点

ChatGPTを飲食・ヘアサロンの業務に導入することには、多くのメリットがありますが、注意すべき点もいくつか存在します。

メリット

  • 時間とコストの削減:
    • ChatGPTによる自動化と効率化は、時間の節約に直結します。これにより、スタッフは顧客サービスや他の重要な業務により多くの時間を割くことができます。
    • 効率化により、人件費や運営コストの削減も期待できます。
  • 顧客満足度の向上:
    • 迅速かつ個別化されたサービス提供が可能になり、顧客満足度が高まります。
    • 顧客のニーズに合わせたパーソナライズされたプロモーションや提案が可能になるため、リピート率の向上にも繋がります。
  • データ駆動型の意思決定:
    • ChatGPTによるデータ分析は、より情報に基づいた意思決定をサポートします。
    • 販売トレンドや顧客行動の分析により、ビジネス戦略の最適化が図れます。

注意点

  • 技術への依存:
    • AI技術への過度な依存はリスクを伴います。システム障害や誤動作に備える必要があります。
    • スタッフや経営者自身が技術の基本的な理解を持つことが重要です。
  • プライバシーとセキュリティ:
    • 顧客情報やビジネスデータの取り扱いには、厳格なプライバシーとセキュリティ対策が必要です。
    • ChatGPTの導入と運用に際しては、データ保護規則の遵守を確実に行う必要があります。

まずはスモールスタートしてみよう!!

本記事を通じて、ChatGPTとスラックの組み合わせが飲食・ヘアサロン業界における業務効率化にどのように貢献できるかを概観しました。この革新的な技術の導入により、時間とコストの削減、顧客満足度の向上、そしてデータ駆動型の意思決定が実現可能です。

飲食・ヘアサロン経営者の皆さんには、この記事がChatGPTの導入の可能性を広げる一助となり、ご自身のビジネスにおいて新たな一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。しかし、導入に際しては技術への依存とプライバシー・セキュリティの問題に注意を払うことが重要です。

次のステップとして、より詳細な情報を得るために関連するリソースや専門家への相談をお勧めします。また、小規模な試みから始めて、徐々に導入の範囲を広げていくことも一つの方法です。

技術の進歩は止まりません。あなたはどうですか?ChatGPTのような最新技術を活用して、飲食・ヘアサロン業界の未来を切り開いていきましょう。

 


 

*この記事は生成AIによって半自動的に生成しています。

大好評!「マーケティングのための生成AI活用大全」のダウンロードはこちらから

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

 

弊社ではChatbotの開発や生成AIを活用した記事作成なども行っています。弊社の具体的な事例もありますのでご興味がある方はこちらからご覧ください。

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

 

 

LATEST ARTICLE

最新記事

動画生成AI徹底比較:OpenAIのSoraは従来のAIと何が違うのか

ライティング生成AI徹底比較!: SimplifiedとCatchy

タックスヘイブン

生成AIと著作権:日本がタックスヘイブン化?世界が注目する理由

Copy.ai vs Writesonic

ライティング生成AI徹底比較:Copy.aiとWritesonicを使ってみた

AI秘書

生成AIと秘書:日程調整、実際にどこまでできる?カスタムGPTでやってみた。

Slack or ChatGPT

ChatGPT Team?Slackボット?生成AIの企業導入はじめの一歩

飲食・ヘアサロン

生成AIと飲食・ヘアサロン:猫の手も借りたい現場を支えるChatGPTの活用事例

多様なチームとロボット

中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

経営者スカウター

経営者と生成AI:コードを使わず、自分でキャッシュフローの分析をやってみよう

経理ロボ

経理業務における生成AIと既存ツールとの棲み分けについてChatGPTに聞いてみた

生成AI書籍カバー

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

RAG 著作権

RAGと著作権:引用?盗用?著作権違反にならないためのポイント

著作権

生成AIと著作権:どうあるべき?世界のAI著作権事情と適切な画像生成ツール

個人情報漏洩

生成AIで近づく、個人情報ディストピア:事例やリスク・対策を解説

会計監査ロボット

会計監査と生成AI:大量の財務データを高速かつ正確に分析

農業ドローン

生成AIによる新たな農業革命:自動収穫から最適化まで事例を解説!

職業安定所

生成AIと仕事:奪われる職業と、どこでも必ず求められるたった一つのスキルとは

image-generation

ざっくり比較!DALL-E3など4つの主流画像生成AIとビジネスへの応用

Chatbot examples

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

スポーツアドバイザー

生成AIでスポーツはどう進化していく?:高度化するトレーニングと試合

CONATCT

ご相談は下記フォームよりお気軽に

※弊社サービスを真剣にご検討されている方のためのお問い合わせを妨害するような営業メールは固くお断りします。

※年間お取引社数を決めて、お客様に向き合うスタンスの為、冷やかしや同業他社の探りのような連絡も控えてください。

※テンプレートのような内容で一斉に送っていると思われる内容に返信することはありません。

※ブランディング、各種コンサルティングサービス及びWEB・システム・AI実装など真剣にお悩みの場合はお気軽にお問い合わせください。

© BALENCER inc