( BALENCERの生成AIサービス )

お問い合わせ

TAG
CONTACT US

生成AIと著作権:どうあるべき?世界のAI著作権事情と適切な画像生成ツール

INDEX

商用でAI画像を利用する際には、法的なリスクや著作権の問題に注意する必要があります。生成された画像の著作権は、使用したAIサービスの提供元に帰属することが多いです。そのため、商用利用の際にはサービスの利用規約を確認し、必要であればライセンスを取得することが必要です。

また、AIが生成する画像が既存の著作物を模倣してしまうこともあり得ます。このような場合、第三者の著作権を侵害するリスクがあるため、使用前には画像のオリジナリティを検証することが推奨されます。

著作権

この著作権の認識は各国においてかなり差があり、特に生成AIに関しては新しい概念であることと同時に人間との識別が難しいという点からその差はより大きくなっています。今後のルールの変化の方向性をつかむためにもおおまかに主要な国の態度を見てみましょう。

各国の著作権に対する認識

では特にコンテンツにおいて巨大なアクターであるアメリカ・中国・インド・ヨーロッパ・日本・韓国を比較してみましょう。

アメリカ

  • アメリカでは、AIによって生成された作品は著作権法の保護を受けにくいとされています。人間の創造性がなければ著作権は適用されません​​​​​​​​。

Copy Rights Copyright and Artificial Intelligence

2023 / 8 / 21   AI-generated art cannot receive copyrights, US court says 

2023 / 9 / 23   Generative Artificial Intelligence and Copyright Law

中国

  • 中国の裁判所は、AIによって生成されたコンテンツが著作権法の保護を受けるという画期的な判断を下しました。これは中国におけるAI生成コンテンツに関する初の重要な判決です​​​​​​​​。

2023 / 12 / 4 Computer Love: Beijing Court Finds AI-Generated Image is Copyrightable in Split with United States

2023 / 12 / 7   CHINA’S FIRST CASE ON COPYRIGHTABILITY OF AI-GENERATED PICTURE

インド

  • インドでは、AIによって生成された作品の著作権保護は不明確ですが、人間がAI生成物を創造的に編集または選択した場合には、その人間の部分にのみ著作権保護が適用される可能性があります​​​​​​​​。

2023 / 9 / 23   Who owns AI-generated works? Here’s what the laws say on copyright issue

2023 / 3 / 17    Copyright ownership of AI generated content in India

ヨーロッパ連合(EU)

  • 現在のEUの著作権法では、AIによって生成された作品に直接的な保護は与えられていません。しかし、AI補助の出力がオリジナリティを持つ場合は、EUの著作権法による保護の可能性があります​​​​​​​​。

The Copyright Protection of AI-Created works by the European Union Copyright Legislation

2023 / 4 / 23   EU proposes new copyright rules for generative AI

2021 / 10 / 4   Copyright and Artificial Creation: Does EU Copyright Law Protect AI-Assisted Output?

日本

  • 日本では、AIを利用して生成された画像やアートは通常の著作権侵害と同様に扱われます。AIモデルのトレーニング用データセットの使用に関しては、著作権法違反には当たらないとされています​​​​​​​​。これは海外の専門家からすると、コピー作品に日本は寛容であるというイメージを与えているようです。

2023 / 6 / 28   Japan’s new AI rules favor copycats over artists, experts say

2023 / 6 / 14  Training Data Free-For-All Japan’s AI data laws, explained

韓国

  • 韓国では、著作権法上の「著作者」は「作品を創作する人」と定義されており、AIは「人」には当たらないとされています。ただし、AI生成コンテンツの著作権に関する新しい基準やガイドラインの策定が進行中です​​​​​​​​。

2023 / 4 / 1   Copyright and AI – the Korean View

2023 / 5 / 3  South Korea to Set New Standards for Copyrights of AI-Generated Content

最も親AIな中国と反AIなアメリカ

上記を一覧にするとこのようになります。AIスタンスとは筆者の主観が大いに混じっているので参考程度にして頂きたいですが、日本は比較的AIに対して柔軟な姿勢をとっていることがわかると思います。中国は最近の判決でAIも著作権法の保護を受けるという、かなり親AIな方向に踏み込みました。一方でアメリカの場合は一貫して厳しい態度をとっています。

中国の判決は2023年12月と新しいことから、現在進行形で様々なルールが形成されつつあるというのが現状です。

AIスタンス (1=反AI, 10=親AI) 理由
アメリカ 3 AI生成作品は人間の創造性がなければ著作権を受けない。
中国 8 AI生成コンテンツは著作権法の保護を受けると判決。
インド 5 AIによる作品には人間の創造的な編集があれば著作権適用。
EU 6 AI補助の出力がオリジナリティを持つ場合に限り保護の可能性。
日本 7 AI生成画像は通常の著作権侵害同様に扱われるが、トレーニングデータの使用は許可。
韓国 4 著作権法上の「著作者」は「人」に限定、AIは含まれず。新ガイドライン策定中。

今、画像生成AIを使うにあたって考えるべきことは?

現在進行形で変化するルールですが、今の時点で最低限チェックしておきたいことはあります。まずは下記について自分の作品が問題ないかを確認してみましょう。

  1. 著作権と学習データ:
    • 生成AIの商用利用は、使用された学習データに大きく依存します。他者の創作物を学習データとして利用していない場合、商用利用は基本的に問題ないとされています。しかし、他者の著作物を学習に使用している場合は著作権の観点から問題が生じる可能性があります​​。
    • 生成されたイラストが他者の著作物と高い類似性を持つ場合、著作権侵害のリスクがあります。AIが特定の指示に基づいて独自性のあるイラストを生成した場合、そのイラストは著作物と見なされる可能性があります​​。
    • AIを利用して生成した画像を公表したり販売したりする場合、既存の著作物との類似性や依拠性が認められると、著作権侵害として損害賠償請求や刑事罰の対象になる可能性があります​​。
  2. AIイラストサービスの利用規約:
    • AIイラストの商用利用には、サービスの利用規約に従う必要があります。AIイラストサービスが商用利用を禁止している場合は、その規約に従うことが重要です​​。
  3. 情報の流出リスク:
    • AIに個人情報や秘密情報、機密情報などの秘匿性の高い情報を入力する際は注意が必要です。これらの情報はAIの学習モデルに利用され、生成AIのサービス提供会社や他のユーザーに流出するリスクがあります​​。
  4. 知的財産権の処理と法規制の遵守:
    • 著作権、商標権、意匠権、パブリシティ権などの知的財産権について、特に注意が必要です。AIに他人の著作物を入力すること自体は著作権侵害には当たりませんが、生成されたデータが既存のデータと同一または類似している場合、著作権侵害のリスクがあります​​。

商用利用可能な画像生成AIサービス

画像生成AIの中でも商用利用が可能なサービスは以下になります。

  1. Adobe Firefly:
    • Adobe FireflyはAdobeが開発した画像生成AIで、2023年3月にβ版がリリースされました。Adobe Stockの画像データや著作者の許諾を受けたデータのみを学習に使用しています。このため、生成した画像は著作権フリーで利用可能です。Adobeのアプリケーションとの連携も可能で、商業利用にも安心して使用できる高品質なコンテンツを生成できます​​​​。
  2. Leonardo.ai:
    • Leonardo.aiは高品質な画像生成を行うAIサービスで、1日に150トークンを無料で受け取れます。生成した画像は商用利用を含めて自由に使用でき、画像は利用者の所有物となります​​
  3. NightCafe:
    • NightCafeはアート調の画像生成を得意とする無料AIサービスです。著作権で保護された画像を使用していない限り、生成した画像の販売や商業目的での使用が可能です。ただし、著作権法は国によって異なるため、利用者の国の法律を確認する必要があります​​。
  4. Stable Diffusion:
    • Stable Diffusionは、イギリスのStability AI社がリリースしたAIサービスです。このモデルのライセンスはCreativeML OpenRAIL++で、生成した画像に関する権利は利用者に帰属します。ただし、ライセンスで定められた規定に従う必要があります​​。
  5. Playground AI:
    • Playground AIは幅広い画風や世界観の画像を生成可能なAIで、1日に1000枚まで無料で画像生成ができます。生成した画像は利用者の所有物となり、プライバシーポリシーと利用規約に従っていれば、個人的または商業的な使用が許可されています​​。
  6. BlueWillow:
    • BlueWillowはDiscordを介して利用できる画像生成AIサービスで、β版が公開されています。生成した作品の権利は利用者にあり、芸術作品として使用することや商業目的での利用が可能です​​。

著作権フリーな画像生成ならAdobe Firefly

著作権フリーで利用可能な画像生成AIツールの中で、特に注目すべきは「Adobe Firefly」です。Adobe Fireflyは、Adobeが開発したAIで、著作権フリーの「Adobe Stock」の画像データや、著作者からの許諾を受けたデータのみを学習に使用しています。これにより、Adobe Fireflyで生成された画像は著作権フリーで利用できるため、商用利用にも適しています​​​​。

https://www.youtube.com/watch?v=NPJNPrshhTo

他のツールについては、生成した画像の所有権が利用者に帰属し、商用利用が可能ですが、それらが「著作権フリー」というわけではありません。それぞれのツールで生成された画像の利用にあたっては、ツールの利用規約やライセンス条件を確認することが重要です。

商用利用に適したAI画像生成サービスは、利用規約で商用利用を明示しており、追加料金なしで広範囲に使用できることが特徴です。サービスによっては、独自のライセンスプランを提供している場合もあるため、目的に合ったサービスを見極めることが重要です。

まとめと今後の展望

AIによる画像生成は、今後も技術の進化とともに、より多くの分野で活用されることが予想されます。しかし商用利用においては、法的なリスクや著作権の問題を適切に管理することが最重要です。適切なサービスを選び、新しいクリエイティブの可能性を探求していくことで、ビジネスにおける競争力を高めることができるでしょう。


 

*この記事は生成AIによって半自動的に生成しています。

大好評!「マーケティングのための生成AI活用大全」のダウンロードはこちらから

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

弊社ではChatbotの開発や生成AIを活用した記事作成なども行っています。弊社の具体的な事例もありますのでご興味がある方はこちらからご覧ください。

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

 

 

 

 

LATEST ARTICLE

最新記事

動画生成AI徹底比較:OpenAIのSoraは従来のAIと何が違うのか

ライティング生成AI徹底比較!: SimplifiedとCatchy

タックスヘイブン

生成AIと著作権:日本がタックスヘイブン化?世界が注目する理由

Copy.ai vs Writesonic

ライティング生成AI徹底比較:Copy.aiとWritesonicを使ってみた

AI秘書

生成AIと秘書:日程調整、実際にどこまでできる?カスタムGPTでやってみた。

Slack or ChatGPT

ChatGPT Team?Slackボット?生成AIの企業導入はじめの一歩

飲食・ヘアサロン

生成AIと飲食・ヘアサロン:猫の手も借りたい現場を支えるChatGPTの活用事例

多様なチームとロボット

中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

経営者スカウター

経営者と生成AI:コードを使わず、自分でキャッシュフローの分析をやってみよう

経理ロボ

経理業務における生成AIと既存ツールとの棲み分けについてChatGPTに聞いてみた

生成AI書籍カバー

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

RAG 著作権

RAGと著作権:引用?盗用?著作権違反にならないためのポイント

著作権

生成AIと著作権:どうあるべき?世界のAI著作権事情と適切な画像生成ツール

個人情報漏洩

生成AIで近づく、個人情報ディストピア:事例やリスク・対策を解説

会計監査ロボット

会計監査と生成AI:大量の財務データを高速かつ正確に分析

農業ドローン

生成AIによる新たな農業革命:自動収穫から最適化まで事例を解説!

職業安定所

生成AIと仕事:奪われる職業と、どこでも必ず求められるたった一つのスキルとは

image-generation

ざっくり比較!DALL-E3など4つの主流画像生成AIとビジネスへの応用

Chatbot examples

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

スポーツアドバイザー

生成AIでスポーツはどう進化していく?:高度化するトレーニングと試合

CONATCT

ご相談は下記フォームよりお気軽に

※弊社サービスを真剣にご検討されている方のためのお問い合わせを妨害するような営業メールは固くお断りします。

※年間お取引社数を決めて、お客様に向き合うスタンスの為、冷やかしや同業他社の探りのような連絡も控えてください。

※テンプレートのような内容で一斉に送っていると思われる内容に返信することはありません。

※ブランディング、各種コンサルティングサービス及びWEB・システム・AI実装など真剣にお悩みの場合はお気軽にお問い合わせください。

© BALENCER inc