( BALENCERの生成AIサービス )

お問い合わせ

TAG
CONTACT US

経産省: 生成AIの活用事例と留意点-広告編

INDEX

経産省: 生成AIの活用事例と法的留意点-広告編

先日経産省がまとめた生成AIを用いたコンテンツ制作のガイドブックから、特に広告産業における生成AIの活用事例と法的留意点に焦点を当ててまとめました。

広告産業では、生成AIの活用によりクリエイティブな作業の効率化や新たな表現の可能性が広がっています。

しかし、生成AIを利用する際には、著作権や個人情報保護などの法的リスクにも注意が必要です。

本記事では、具体的な活用事例とともに、生成AIを広告制作に利用する際の法的観点について詳しく解説します。

広告産業における生成AIの活用事例

1. CyberAgentの「極予測AI」と「極予測TD」

CyberAgentは、自社の大規模言語モデル(LLM)とGPT-4を用いて、広告クリエイティブの制作支援システム「極予測AI」と「極予測TD」を開発しました。

これらのシステムは、広告テキストを自動生成し、その効果を事前に予測する機能を備えています。

また、ターゲットに応じた特性や画像内容を考慮した広告コピーや画像の生成も可能です。

これにより、撮影機材やロケーションを準備することなく、多様なシチュエーションと商品画像の組み合わせを大量に自動生成することができます。

2. PARCOの「HAPPY HOLIDAYS」キャンペーンCM

PARCOは、最先端の画像生成AIを活用してクリスマスキャンペーンCMを制作しました。

このCMでは、モデル撮影を行わず、プロンプトから人物を生成しました。

また、クリスマスオーナメントやプレゼントボックスなどのモチーフも画像生成AIで制作され、ムービー、ナレーション、音楽といった全ての要素に生成AIが活用されています。

この広告は、アート性やファッション性を追求し、「全て生成AI技術で制作された」という驚きの要素も盛り込まれています。

3. 伊藤園の「お~いお茶 カテキン緑茶」CM

伊藤園は、日本初の「AIタレント」を起用したテレビCMを制作しました。

身体はベースとなるモデルを撮影し、顔は生成AIで出力した肖像を調整して組み合わせる手法で、「AIタレント」を作成しました。

さらに、AIタレントの声には音声生成AIを活用し、商品パッケージのデザインにも画像生成AIを利用しています。

4. 大日本除虫菊(キンチョール)のCM

大日本除虫菊は、「キンチョール」のCM制作に生成AIを活用しました。

ブレインストーミングの段階で画像生成AIを用い、クリエイターが3Dソフトを用いて画像を作成し直し、最終的な制作物は人の手で完成させました。

数千枚の画像を出力し、イメージに近い画像を作成することで、新たな世界観の映像を制作しました。

広告に関する法的留意点

1. 著作権の問題

生成AIによる広告コピーや画像の生成において、他者の既存の著作物と同一または類似の場合、著作権侵害のリスクがあります。特に、広告コピーには著作物性が認められない場合もあるため、注意が必要です。

2. 個人情報保護

生成AIに入力される個人情報や、出力されるAI生成物に含まれる個人情報の取り扱いについては、個人情報保護法の規律に従う必要があります。AI生成物の情報が不正確である可能性も考慮し、正確性を確認することが重要です。

3. 営業秘密・限定提供データの利用

他人の営業秘密や限定提供データを生成AIの学習用データとして利用する場合、その使用や開示は不正競争行為に該当する可能性があります。秘密管理性や限定提供性を喪失しないよう、利用態様を慎重に判断する必要があります。

4. 意匠権・商標権の問題

生成AIによるデザインやロゴが既存の登録意匠や登録商標と同一または類似の場合、その利用は意匠権や商標権の侵害となる可能性があります。商品等表示や商品形態の利用についても不正競争行為に該当する可能性があります。

5. 肖像権・パブリシティ権の問題

生成AIによる人物の肖像の利用は、肖像権やパブリシティ権の侵害となる可能性があります。特定の人物の肖像と同一性がある場合、その利用を避けるか、権利者から許諾を得る、または同定可能性がないように作成し直す必要があります。

まとめ

生成AIを広告制作に活用することでクリエイティブな作業の効率化や新たな表現の可能性が広がりますが、法的リスクを最小限に抑えるためには、これらの留意点を十分に理解し、対応することが重要です。

詳しくは是非資料を読んでみて下さい。


*この記事は生成AIによって半自動的に生成しています。

大好評!「マーケティングのための生成AI活用大全」のダウンロードはこちらから

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

 

弊社ではChatbotの開発や生成AIを活用した記事作成なども行っています。弊社の具体的な事例もありますのでご興味がある方はこちらからご覧ください。

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

LATEST ARTICLE

最新記事

経産省: 生成AIの活用事例と留意点-広告編

Claude 3.5 Sonnetの新機能「Artifacts」でリアルタイム編集が可能に!

知識が貯まれば貯まるほど強くなる!NotionとAIで爆速経営しよう

NAVID IAイメージ

今更聞けない!?世界三位の企業NVIDIAは、どの生成AIが勝っても勝つ

Copilot+PCのイメージ画像

生成AI戦争はデバイスへ:Copilot+ PCsとその競合

ChatGPTもこうなる?自律型エージェントMultiOnは怖いくらい実用的

生成AIで作成した子どもたちのお誕生日会

動画生成AI徹底比較:OpenAIのSoraは従来のAIと何が違うのか

AimplifiedとCatchyの比較記事のトップバナー

ライティング生成AI徹底比較!: SimplifiedとCatchy

タックスヘイブン

生成AIと著作権:日本がタックスヘイブン化?世界が注目する理由

Copy.ai vs Writesonicのトップバナー

ライティング生成AI徹底比較:Copy.aiとWritesonicを使ってみた

AI秘書

生成AIと秘書:日程調整、実際にどこまでできる?カスタムGPTでやってみた。

Slack or ChatGPT

ChatGPT Team?Slackボット?生成AIの企業導入はじめの一歩

飲食・ヘアサロン

生成AIと飲食・ヘアサロン:猫の手も借りたい現場を支えるChatGPTの活用事例

多様なチームとロボット

中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

経営者スカウター

経営者と生成AI:コードを使わず、自分でキャッシュフローの分析をやってみよう

経理ロボ

経理業務における生成AIと既存ツールとの棲み分けについてChatGPTに聞いてみた

生成AI書籍カバー

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

RAG 著作権

RAGと著作権:引用?盗用?著作権違反にならないためのポイント

著作権

生成AIと著作権:どうあるべき?世界のAI著作権事情と適切な画像生成ツール

個人情報漏洩

生成AIで近づく、個人情報ディストピア:事例やリスク・対策を解説

CONATCT

ご相談は下記フォームよりお気軽に

※弊社サービスを真剣にご検討されている方のためのお問い合わせを妨害するような営業メールは固くお断りします。

※年間お取引社数を決めて、お客様に向き合うスタンスの為、冷やかしや同業他社の探りのような連絡も控えてください。

※テンプレートのような内容で一斉に送っていると思われる内容に返信することはありません。

※ブランディング、各種コンサルティングサービス及びWEB・システム・AI実装など真剣にお悩みの場合はお気軽にお問い合わせください。

© BALENCER inc