( BALENCERの生成AIサービス )

お問い合わせ

TAG
CONTACT US

中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

INDEX

GPT Storeよりもインパクト大?中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

ChatGPTが登場して以来、企業への導入をめぐって様々なツールが開発されてきました。生成AIコンサルの初手は企業秘密を守るためにAzureなどの安全な環境で生成AIを構築し、社内資料を繋ぎこむというようなものでした。LangchainやLlamaindexのようなRAGをつくるツールもビットコインを大きく上回る速さで開発者を引き込み、一気に発展してきました。これは一重にChatGPTにかけているある点を補うためでした。

社内資料を安全に使ったボットを作り、共有する

今回のChatGPT Teamはまさにこの点を解決するものです。

多様なチームとロボット

ChatGPT Teamとは

ChatGPT Teamは、中小企業に最適なツールです。これは、OpenAIによって提供される自己完結型のサブスクリプションプランで、2人以上のユーザーが利用可能です。年間プランでは1席あたり月額25ドル、月間プランでは1席あたり月額30ドルで、組織やビジネスがチーム内でChatGPTを活用するためのものです。このツールの最大の特徴は、ユーザー独自のデータを用いて特化したGPTを作成できることです。これにより、組織は自社に特有の業務プロセスやノウハウを効率的に管理し、業務を最適化することができます。

ChatGPT Team

既存のプランとの比較

ChatGPTの有料プランにはすでにPlusとEnterpriseがあります。今回のTeamはその間に位置するものですが、具体的な比較を作ってもらいました。(GPT4でBingで検索させながら比較表を作成するように指示しました)

機能/プラン ChatGPT Plus ChatGPT Team ChatGPT Enterprise
ユーザー数 個人用 2人以上 150席以上から
価格 月額$20 月額$30/席、年間契約で月額$25/席 カスタマイズされた価格設定
APIアクセス 別途コスト 別途コスト 別途コスト
高度なGPTモデルへのアクセス あり あり あり
専用ワークスペース なし あり あり
ビジネスデータによるトレーニングの禁止 なし あり あり
メッセージ上限 通常より高い 通常より高い 最も高い
カスタムGPTの共有とコラボレーション なし あり あり
管理コンソール なし あり あり
データのプライバシーとセキュリティ 基本的な保護 高度な保護 最高レベルの保護
データの可視化と分析ツール 限定的 あり あり

ここで重要なのは、カスタムGPT(GPTs)を作ることと、その社内限の共有ができ、また使用に関してデータは学習されないという点です。

ChatGPT Teamで社内情報を使った業務特化ボットを作成するメリット

では、その何が嬉しいのか整理してみましょう。

特化したGPTの作成:

ChatGPT Teamを活用する大きなメリットの一つは、自社独自の資料を使用して業務に特化したGPTを作成できることです。例えば、特定の業界や業務に関連するFAQ、マニュアル、プロセスドキュメントを統合し、それに基づいてカスタマイズされたGPTを構築することが可能です。このアプローチにより、企業は自社固有のニーズに合わせてAIを調整し、より効率的な業務フローを実現できます。さらに、このようなカスタマイズは、従業員が日常的に直面する特定の課題や疑問に対応するのに役立ちます。

業務効率化と属人性の低減:

特化したGPTの導入により、業務の効率化だけでなく、属人性の問題も軽減されます。従業員が独自の知識やスキルに依存することなく、組織全体で共有されたAIの知識ベースを利用できるため、知識の伝達や共有が容易になります。これは、特に新人の研修や、異動・退職による知識の喪失を防ぐ際に有効です。さらに、特化したGPTを利用することで、従業員はより複雑で高度な作業に集中できるようになり、全体としての生産性向上に寄与します。

ノウハウの蓄積と引き継ぎ:

ChatGPT Teamの利用は、企業内のノウハウ蓄積と効果的な引き継ぎを促進します。特化したGPTは、企業のユニークな知識や経験をAIに組み込むことで、これらの貴重な情報が組織内で失われることなく継承されます。これは、特に人事異動や退職による知識の流出を防ぐのに役立ちます。また、新人教育においても、GPTを使って簡単に重要な情報やプロセスを伝えることができ、学習カーブを短縮し、効率的な研修を実現します。

採用コストの削減:

ChatGPT Teamを活用することで、採用コストの削減にも貢献します。特化したGPTは、低スキルの従業員が直面する可能性のある問題を解決するサポートを提供します。これにより、企業はより幅広いスキルセットを持つ従業員を採用する必要が減少し、結果として採用コストが低減されます。また、GPTによるサポートによって、従業員は迅速かつ効率的に業務を進めることができ、全体的な生産性の向上にもつながります。

一つの業務に一つのGPT

少し具体例を見ていきましょう。例えば新入社員に事業再構築補助金の申請をお願いする、というケースを考えます。そこで、

事業再構築補助金くん

というGPTを作成しました。これは、事業再構築補助金に関するPDFを読み込ませたものです。インストラクションはGPTsを作成する際のガイドに従って、与えられた知識をもとに質問に回答し、資料を作成するという内容にしました。

事業再構築補助金PDF

こちらがその設定画面です。

事業再構築補助金くん

事業再構築補助金くん2

今回は簡単のために読ませるPDFは一つにしていますが、沢山のPDFを読ませることも可能です。ただ、多すぎると思ったような役割を果たさない可能性があります。たとえば複数の補助金に関するものを一つのボットに入れてしまうと、補助金間の情報が混ざった回答をしてしまうかもしれません。そういう意味で、適度な粒感の知識に抑えた方が良いでしょう。

ChatGPT Teamで展開する社内用GPTの使用例

それでは実際に新入社員になりきって、補助金について質問をしながら申請用の事業計画・財務計画の作成まで進めてみたいと思います。

補助金の枠を確認する

ダンススタジオの新設するにあたって、どんな枠を使うのが良いですか?

事業再構築補助金にはいくつかの異なる枠が存在し、それぞれが特定の目的や条件に基づいています。以下は主な枠の概要です:

  1. 成長枠・グリーン成長枠の補助率引上げ:成長分野への大胆な事業再構築に取り組む事業者を対象にし、大幅な賃上げを行う場合、補助率が引き上げられます。中小企業は1/2から2/3へ、中堅企業は1/3から1/2への引き上げが可能です​​。
  2. 卒業促進枠:この枠は、中小企業等から卒業する事業者に対して適用され、補助対象経費の上限を2倍に引き上げることができます。ただし、成長枠またはグリーン成長枠の補助対象経費とは明確に区分する必要があります​​。
  3. 大規模賃金引上促進枠:この枠は、賃上げ等へのインセンティブとして設けられており、上限3000万円までの上乗せが可能です​​。
  4. 産業構造転換枠:産業構造の変化に対応する事業者を支援するための枠です。詳細な条件は文書によって異なります​​。
  5. サプライチェーン強靱化枠:サプライチェーンの強化に関連する事業に適用される枠です​​。

これらの枠は、それぞれの事業の特性や必要に応じて選択し、適用することができます。補助金申請時には、これらの枠の詳細な要件や条件をしっかりと理解し、計画に適切に組み込むことが重要です。また、これらの枠以外にも、補助金の公式文書により詳細な情報が記載されている可能性がありますので、詳細は公式ガイドラインや関連文書で確認してください。

自分の事業の場合のことを聞いてみる

従業員十人程度の会社でダンススタジオを申請するとしたら、どんな枠が良いですか?

従業員が約10人程度の会社がダンススタジオの開設に関して事業再構築補助金を申請する場合、適切な補助金の枠を選択することが重要です。以下の枠が考慮に値します:

  1. 成長枠・グリーン成長枠:もしダンススタジオ開設が成長分野への事業再構築の一環として考えられる場合、この枠を利用することができます。特に、事業の多様化や新しい市場への進出を図る場合に適しています。
  2. サプライチェーン強靱化枠:もしダンススタジオが既存の事業のサプライチェーンを強化する形での事業拡大の一環であれば、この枠を検討する価値があります。
  3. 卒業促進枠:中小企業からの「卒業」を目指す事業の場合、卒業促進枠を活用することができます。この枠は、補助対象経費の上限を2倍に引き上げることが可能です。

適切な枠を選択する際には、事業の性質、目的、および将来の展望を考慮に入れることが重要です。また、補助金の申請にあたっては、各枠の詳細な要件や条件をしっかりと理解し、計画に適切に組み込むことが求められます。

最終的な決定をする前に、公式のガイドラインや関連文書を熟読し、必要に応じて専門家のアドバイスを求めることも重要です。これにより、申請が適切に行われ、事業の成功につながる可能性が高まります。

成長枠を使うとしたら、補助金の上限はいくらですか?

成長枠を利用する場合、中小企業の補助金上限は7000万円です。さらに、中堅企業への卒業に成功した場合、追加で7000万円を上乗せすることができ、合計で最大1.4億円の補助金を受けることが可能です​​。従業員が約10人程度の会社がダンススタジオの開設に関して申請する場合も、この枠を利用することができます。ただし、補助金の申請には、事業計画の具体性や補助金の要件を満たすことが必要です。また、公式のガイドラインや関連文書を参照し、詳細な要件や条件を確認することが重要です。

事業計画を書いてもらう

ダンススタジオで最大限補助金を獲得するための事業計画を作成してください。

ダンススタジオの開設において最大限の補助金を獲得するための事業計画を作成する際には、以下の要素を考慮に入れることが重要です。この計画は成長枠を利用し、可能な限り補助金を活用することを目指します。

  1. 事業の目的と背景
    • ダンススタジオ開設の目的を明確にし、どのように地域の文化や経済に貢献するかを述べます。
    • 伝統的な事業とダンススタジオ事業とのシナジーを説明し、新たな市場への進出や多様化による成長戦略を展開します。
  2. 市場分析
    • 対象市場の需要分析を行い、ダンススタジオの潜在的な顧客層や市場サイズを特定します。
    • 競合分析を通じて、市場内の他のダンススタジオとの差別化要因を明らかにします。
  3. 事業計画の具体性
    • スタジオの立地、規模、デザイン、利用可能なダンスジャンルなど、具体的な事業内容を詳細に記述します。
    • 利用者のニーズに合わせたクラスのスケジュール、料金体系、プロモーション戦略を計画します。
  4. 財務計画
    • 開設に必要な総投資額、運営コスト、収益予測を含む詳細な財務計画を策定します。
    • 補助金で賄う部分と自己資金の割合を明確にし、資金繰り計画を立てます。
  5. 補助金の活用計画
    • 成長枠の要件に基づき、補助金をどのように活用するかを明確にします。建物費、設備投資、プロモーション費用など、具体的な使用目的を示します。
    • 補助金の活用による事業成長や地域貢献の具体的な効果を説明します。
  6. リスク管理と対策
    • 事業運営におけるリスク(市場の変動、運営コストの増加など)を特定し、それに対する対策を立てます。
  7. 成果測定と評価
    • 事業目標達成のためのKPI(重要業績評価指標)を設定し、定期的な評価と改善計画を策定します。

この計画は、補助金申請の際に必要な詳細さと具体性を備え、事業の成功と補助金の獲得の両方を目指すように設計されています。重要なのは、事業計画が現実的で実行可能であること、そして補助金の要件に沿っていることです。また、専門家のアドバイスを取り入れ、計画のブラッシュアップを行うことも効果的です。

 

絶対に通るという保証はできませんが、可能性を最大化するために、以下のような創造的で詳細な事業計画を考えてみます。重点は革新性、地域への貢献、そして財務の実現可能性に置きます。事業計画の概要

事業名: 「ハーモニックステップス」 – ダンススタジオコンセプト: 「ハーモニックステップス」は、伝統的な会社の枠を超え、ダンスとアートの融合を通じて新しい文化的スペースを創出します。このスタジオでは、伝統的な素材独特のインテリアデザインと、多様なダンスクラスを提供します。市場分析

  • ターゲット市場: 地域コミュニティ、ダンス愛好家、アート愛好家、健康意識の高い成人
  • 競合分析: 近隣のダンススタジオとの比較分析、独自のコンセプトで差別化

事業内容

  1. スタジオデザイン: 伝統的な素材を使用したユニークな内装で、アートギャラリーのような雰囲気を演出
  2. ダンスプログラム: 幅広い年齢層とスキルレベルに対応した多様なダンスクラス
  3. コミュニティイベント: 地域コミュニティ向けのイベント、ワークショップの開催
  4. アートと伝統的な素材の展示: スタジオ内でのアート展示や伝統的なそざお製品の展示販売

財務計画

  • 初期投資: スタジオ建設、内装デザイン、ダンスフロアの設置、音響・照明システム
  • 運営費: スタッフ給与、マーケティング、イベント経費
  • 収益源: 月額会員料金、ドロップイン料金、イベント収入、商品販売

補助金の活用

  • 建物費: 伝統的な素材を用いた独特なスタジオデザイン
  • 設備投資: ダンスフロア、音響・照明システム、空調設備
  • プロモーション: 地域社会への露出を増やすためのマーケティング活動

成功の鍵

  • 革新性: 伝統的な素材とダンスの組み合わせによるユニークな体験
  • 地域貢献: コミュニティイベントを通じた地域社会との結びつき強化
  • 持続可能性: 定期的なイベントとプログラム更新による長期的な顧客関係の維持

リスク管理

  • 市場の変動: マーケットリサーチに基づく柔軟なプログラム調整
  • 運営コスト: コスト管理と効率的な運営でリスク最小化

この計画は、創造性と実用性のバランスを取りながら、事業再構築補助金の枠内で最大限の助成を目指します。ただし、補助金の申請は競争が激しく、多くの要因に左右されるため、「絶対に通る」と保証することはできません。計画の成功は、詳細な準備と綿密な計画立案に大きく依存します。また、市場動向や地域社会のニーズに敏感であることも重要です。

 

財務計画の作成

財務計画を作成してください

財務計画を作成する際には、初期投資、運営コスト、収益予測を含めることが重要です。以下に、ダンススタジオ「ハーモニックステップス」のための財務計画の例を示します。この計画は、補助金の活用を前提としています。

1. 初期投資

  • スタジオ建設と内装: 伝統的な素材を使用したデザイン、ダンスフロアの設置、適切な空調と音響・照明システムの導入
    • 予算: 約3,000万円
  • 設備投資: ダンス用具、事務機器、インベントリ
    • 予算: 約500万円
  • 初期マーケティング費用: ウェブサイト開設、プロモーション資料、広告費
    • 予算: 約200万円
  • その他の開始費用: 法的費用、許認可関連費用
    • 予算: 約100万円

2. 運営コスト (月額)

  • スタッフ給与: 講師、管理スタッフ、クリーニングスタッフ
    • 予算: 約500万円
  • マーケティング: 広告、プロモーション活動、イベント組織
    • 予算: 約100万円
  • レンタル、光熱費: スタジオの賃貸料、電気・水道料金
    • 予算: 約150万円
  • 保険・メンテナンス: 施設と設備の保険、メンテナンス費用
    • 予算: 約50万円

3. 収益予測 (月額)

  • 会員料金: 定期的な月額会員からの収入
    • 予想収入: 約700万円 (150人のメンバー x 月額料金4,500円)
  • ドロップイン料金: 単発参加者からの収入
    • 予想収入: 約200万円
  • イベント収入: ワークショップや特別イベントからの収入
    • 予想収入: 約100万円
  • 商品販売: ダンス用品、伝統素材の製品の販売収入
    • 予想収入: 約50万円

4. 損益分岐点分析

  • 損益分岐点: 固定費用と変動費用の合計が収益と等しくなる点
  • 分析に基づき、最初の数ヶ月間は損失を予測し、その後徐々に利益に転じる見込み
収入の予測を月次の表にして半年分作成してください(内訳も含む)

ダンススタジオ「ハーモニックステップス」の半年間の収入予測を表にまとめました。収入源は主に会員料金、ドロップイン料金、イベント収入、商品販売から成ります。開始当初は顧客獲得に時間がかかるため、最初の数ヶ月は比較的低い収入を予測し、徐々に増加すると想定しています。

会員料金 (円) ドロップイン料金 (円) イベント収入 (円) 商品販売 (円) 合計収入 (円)
1月 300万円 100万円 50万円 30万円 480万円
2月 350万円 120万円 60万円 35万円 565万円
3月 400万円 140万円 70万円 40万円 650万円
4月 450万円 160万円 80万円 45万円 735万円
5月 500万円 180万円 90万円 50万円 820万円
6月 550万円 200万円 100万円 55万円 905万円

収入内訳の説明

  • 会員料金: 事業開始当初、顧客基盤がまだ少ないため、最初の数ヶ月は控えめに予測。徐々に会員数が増加し、収入が増加すると予想。
  • ドロップイン料金: スタジオの知名度が上がるにつれ、単発参加者も増加すると想定。
  • イベント収入: 特別なワークショップやイベントによる収入。時間の経過と共にイベントの規模や頻度を増やす予定。
  • 商品販売: ダンス関連商品や伝統的な素材製品の販売。スタジオのブランド力が高まるにつれて収入が増加すると予測。

注意点

  • これらの数字は予測であり、実際の運営状況や市場動向によって変動する可能性があります。
  • 初年度はブランディングと顧客基盤の構築に重点を置き、翌年以降の収益増加を目指す戦略です
支出の予測を月次の表にして同じように半年分作成してください

以下は、ダンススタジオ「ハーモニックステップス」の半年間の支出予測の表です。主要な支出項目はスタッフ給与、マーケティング、レンタル・光熱費、保険・メンテナンスです。開始当初の支出は一定ですが、ビジネスが成長するにつれて、特にマーケティングやイベント関連の費用が増加することを予想しています。

スタッフ給与 (円) マーケティング (円) レンタル・光熱費 (円) 保険・メンテナンス (円) 合計支出 (円)
1月 500万円 100万円 150万円 50万円 800万円
2月 500万円 100万円 150万円 50万円 800万円
3月 500万円 100万円 150万円 50万円 800万円
4月 500万円 120万円 150万円 50万円 820万円
5月 500万円 120万円 150万円 50万円 820万円
6月 500万円 140万円 150万円 50万円 840万円

支出内訳の説明

  • スタッフ給与: 講師、管理スタッフ、クリーニングスタッフの給与。初期段階から一定。
  • マーケティング: 広告、プロモーション活動、イベント組織の費用。事業の成長とともに増加する予定。
  • レンタル・光熱費: スタジオの賃貸料、電気・水道料金。一定。
  • 保険・メンテナンス: 施設と設備の保険、メンテナンス費用。固定費用。

注意点

  • これらの数字は予測であり、実際の運営状況や市場動向によって変動する可能性があります。
  • 特にマーケティングの費用は、

事業の成長や市場の動向に応じて柔軟に調整する必要があります。初期段階ではブランディングと顧客基盤の構築に注力し、その後はリピーター獲得や新規顧客の獲得戦略に重点を置く予定です。

  • 支出は、収入増加に合わせて段階的に増加する計画ですが、事業の安定性と持続可能性を常に考慮して運営します。

これらの財務計画は、ダンススタジオ事業が成功し、持続可能な成長を遂げるための重要な基盤です。計画は定期的に見直し、必要に応じて調整を行うことが重要です。また、実際の運営においては、予想外の支出や収入の変動にも対応できる柔軟な資金管理が求められます。

収支を合わせて新たに表を作成し、分析してください。

合計収入 (円) 合計支出 (円) 収支 (円)
1月 480万円 800万円 -320万円
2月 565万円 800万円 -235万円
3月 650万円 800万円 -150万円
4月 735万円 820万円 -85万円
5月 820万円 820万円 0円
6月 905万円 840万円 +65万円

分析

  • 初期段階: スタジオ開始初期は、収入が支出を下回るため、ネット収支はマイナスです。これは、顧客基盤の構築とブランディングのための初期投資が大きいためです。
  • 中期: 4~5ヶ月目にかけて、収入が徐々に増加し、支出とのバランスが取れ始めます。この段階でネット収支は改善し、最終的には黒字に転じます。
  • 後期: 6ヶ月目以降、収入の増加によりネット収支は順調に黒字を維持し、事業の安定化と成長が見込まれます。

注意点

  • これらの数字は予測であり、実際の運営状況や市場動向によって変動する可能性があります。
  • 特に初期段階では、予測よりも支出が高くなる可能性があるため、資金繰りには慎重な管理が必要です。
  • 長期的な視点での安定した運営と成長を目指し、財務計画は定期的に見直し、市場の変動や事業の実情に合わせて調整が必要です。

このネット収支の予測は、ダンススタジオの経済的な健全性と持続可能性を評価するための重要なツールです。事業の成功には、これらの財務指標を綿密に監視し、必要に応じて適切な対策を講じることが不可欠です。また、初期段階での赤字は一般的ですが、中長期的な視点で黒字化を目指す戦略を立てることが重要です。

損益分岐点グラフ

いかがでしょうか。もちろんこの事業計画はスタート地点でありブラッシュアップしていく必要があります。ただ、プロンプトの内容は新入社員でも書ける内容であることはお分かりでしょうか。ここまでで大体30分程度です。新入社員が短時間でここまで書けるのは非常に有用だと思います。

新入社員でも即戦力に。ノウハウを属人化しない社内の資産に。

今回は補助金の申請を取り扱いましたが、当然様々な業務に同じアプローチを行うことができます。社内マニュアルがあれば、その数だけGPTsをつくり、質問だけでなく実際のタスクを行うボットにすることもできます。

これは人材の確保に限界のある中小企業にとってはとても希望の持てる話です。今まではスター社員がいると、その人を引き留め続けることが会社の強みでしたが、これからは集合知を整理し、ボットという形で再利用可能にすることで会社を決して離れることのない資産にすることができるのです。

今まではChatGPTのEnterpriseか、AzureやLangchainなどのツールを使って開発をする必要がありましたが、なんとChatGPT Teamはその必要がありません。定額なので、プロンプトのたびにAPI料金がかかることもありません。

逆に、感度の高い社員は企業アカウントがない場合でも個人のアカウントで生成AIを使っている可能性があります。これはセキュリティの観点からは非常に危うく、企業情報が漏洩する可能性があります。ですので、それを防ぐためにも、まずは企業アカウントを作成して提供することは必須だと考えています。

 


 

*この記事は生成AIによって半自動的に生成しています。

大好評!「マーケティングのための生成AI活用大全」のダウンロードはこちらから

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

 

弊社ではChatbotの開発や生成AIを活用した記事作成なども行っています。弊社の具体的な事例もありますのでご興味がある方はこちらからご覧ください。

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

 

LATEST ARTICLE

最新記事

知識が貯まれば貯まるほど強くなる!NotionとAIで爆速経営しよう

NAVID IAイメージ

今更聞けない!?世界三位の企業NVIDIAは、どの生成AIが勝っても勝つ

Copilot+PCのイメージ画像

生成AI戦争はデバイスへ:Copilot+ PCsとその競合

ChatGPTもこうなる?自律型エージェントMultiOnは怖いくらい実用的

生成AIで作成した子どもたちのお誕生日会

動画生成AI徹底比較:OpenAIのSoraは従来のAIと何が違うのか

AimplifiedとCatchyの比較記事のトップバナー

ライティング生成AI徹底比較!: SimplifiedとCatchy

タックスヘイブン

生成AIと著作権:日本がタックスヘイブン化?世界が注目する理由

Copy.ai vs Writesonicのトップバナー

ライティング生成AI徹底比較:Copy.aiとWritesonicを使ってみた

AI秘書

生成AIと秘書:日程調整、実際にどこまでできる?カスタムGPTでやってみた。

Slack or ChatGPT

ChatGPT Team?Slackボット?生成AIの企業導入はじめの一歩

飲食・ヘアサロン

生成AIと飲食・ヘアサロン:猫の手も借りたい現場を支えるChatGPTの活用事例

多様なチームとロボット

中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

経営者スカウター

経営者と生成AI:コードを使わず、自分でキャッシュフローの分析をやってみよう

経理ロボ

経理業務における生成AIと既存ツールとの棲み分けについてChatGPTに聞いてみた

生成AI書籍カバー

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

RAG 著作権

RAGと著作権:引用?盗用?著作権違反にならないためのポイント

著作権

生成AIと著作権:どうあるべき?世界のAI著作権事情と適切な画像生成ツール

個人情報漏洩

生成AIで近づく、個人情報ディストピア:事例やリスク・対策を解説

会計監査ロボット

会計監査と生成AI:大量の財務データを高速かつ正確に分析

農業ドローン

生成AIによる新たな農業革命:自動収穫から最適化まで事例を解説!

CONATCT

ご相談は下記フォームよりお気軽に

※弊社サービスを真剣にご検討されている方のためのお問い合わせを妨害するような営業メールは固くお断りします。

※年間お取引社数を決めて、お客様に向き合うスタンスの為、冷やかしや同業他社の探りのような連絡も控えてください。

※テンプレートのような内容で一斉に送っていると思われる内容に返信することはありません。

※ブランディング、各種コンサルティングサービス及びWEB・システム・AI実装など真剣にお悩みの場合はお気軽にお問い合わせください。

© BALENCER inc