( BALENCERの生成AIサービス )

お問い合わせ

TAG
CONTACT US

ライティング生成AI徹底比較:Copy.aiとWritesonicを使ってみた

INDEX

ライティング生成AI徹底比較:Copy.aiとWritesonic

Copy.ai vs Writesonic

この記事では、Copy.aiとWritesonicという2つの人気AIコンテンツ生成ツールを比較します。Copy.aiは、短い時間で高品質のマーケティングコピーを生成することに重点を置いたプラットフォームです。一方、Writesonicは幅広いAI駆動のコンテンツ作成機能を備え、ユーザーに多様なコンテンツニーズに対応する柔軟性を提供します。この記事を通じて、各ツールの特徴、使いやすさ、価格、長所と短所、および特定のシナリオでの適合性を検討し、それらのパフォーマンスと信頼性についての詳細な洞察を提供します。最終的には、これらのツールのどちらが特定の状況や特定のユーザーグループに適しているかについての結論を出します。

各ツールの概要

サービスA: Copy.ai

  • 設立と創設者
    • Copy.aiは、Paul YacoubianとChris Luによって2020年に設立されました。もともとはGPTの技術を使ってマーケティングコピーの課題を解決するためにタグラインジェネレーターを作ったのが始まりです。
  • 主要な特徴と強み
    • Copy.aiは、ブログ記事、デジタル広告コピー、eコマースコピー、セールスコピー、ソーシャルメディアコンテンツ、ウェブサイトコピーなど、幅広い種類のコンテンツ生成に対応しています。
    • GPT-3を使用しており、高品質なテキストを生成します。
    • ユーザーフレンドリーなインターフェースで、多くのテンプレートを提供し、特定のライティングトーンを選択できます。
    • 価格はフリープランと有料プランがあり、フリープランでは月に2,000語まで利用可能です。
  • 適しているユーザー層
    • コピーライター、eコマースのセラー、SEOエージェンシー、ソーシャルメディアマネージャー、アフィリエイトマーケターなど、オンラインプラットフォームを持つほとんどのユーザーに適しています。

サービスB: Writesonic

  • 設立と創設者
    • Writesonicは、2020年10月に技術愛好家であるSamanyou Gargによって設立されました。当初はランディングページのコピーを生成するためのツールとして始まり、後にAI Article/Blog Writerなどの機能を追加し、AIライティングツールとしての地位を確立しました。
  • 主要な特徴と強み
    • Writesonicは、記事、ブログポスト、eコマースの説明、広告、マーケティングツール、ウェブサイトとメールのコピーなど、さまざまなタイプのコンテンツを生成します。
    • GPT-3とGPT-4の最新AI言語モデルを使用しており、25言語以上でのコンテンツ作成に対応しています。
    • 簡単に使用できるインターフェースと、多彩なツールやテンプレートを備えています。
    • フリープランでは10,000語まで利用可能で、その後の料金プランは用途に応じてカスタマイズ可能です。
  • 適しているユーザー層
    • コンテンツライター、ブロガー、コピーライター、クリエイティブライター、そしてあらゆる規模のビジネスに適しています。

Copy.ai と Writesonic の比較表

比較項目 http://copy.ai/ Writesonic
コンテンツタイプ ブログ、デジタル広告、eコマース、セールスコピー、ソーシャルメディア、ウェブサイトコピー 記事、ブログポスト、eコマースの説明、広告、マーケティングツール、ウェブサイトとメールのコピー
言語サポート 言語サポートの詳細不明だが、高品質なテキスト生成機能を備える 25言語以上でのコンテンツ生成に対応
使いやすさ 一般的にユーザーフレンドリー 直感的で使いやすいインターフェース
コンテンツの質 高品質だが、事実確認が必要な場合あり GPT-3.5およびGPT-4を使用し高品質だが、情報の正確さに課題あり
価格 フリープラン(月2,000語)、有料プランは月額36ドル(無制限の単語数) フリープラン(10,000語)、Proプランは月額12.67ドルから

この表は、Copy.aiとWritesonicの主要な特徴と比較を要約したものです。各ツールにはそれぞれ独自の強みがあり、ユーザーの特定のニーズや予算に応じて最適な選択が異なる可能性があります。

Copy.ai と Writesonic の機能比較

Copy.ai の機能

  • AI生成コンテンツ: ブログポスト、ソーシャルメディア投稿、広告コピーなど、多様なコンテンツタイプを生成。
  • コンテンツテンプレート: ブログポストアウトライン、商品説明、メールコピー、ビデオスクリプトなど、幅広いテンプレートを提供。
  • 文法とスタイルの提案: 文法的なエラーや不自然な表現を特定し、修正を提案。
  • キーワード最適化: SEOに最適化されたコンテンツの生成を支援。
  • コラボレーションツール: チーム間でのコンテンツ作成プロジェクトのための共同作業ツール。
  • 統合機能: Google Docs、WordPress、Slackなどとの統合。
  • プラジャリズムチェッカー: 独自のプラジャリズムチェック機能。
  • クローム拡張機能: 任意のウェブページでライティングツールを利用可能。
  • 90以上のコピーライティングテンプレート: ブログポスト、ソーシャルメディアキャプション、個人的な手紙などの作成に利用可能。

Writesonic の機能

  • AI記事イントロ、アウトライン、アイデア: 強力な導入、構成、アイデア生成ツール。
  • AI記事&ブログライター: 記事、ブログポスト、販売メール、電子書籍など、長文コンテンツの作成。
  • ストーリージェネレーター: ショートストーリーの作成に利用可能。
  • eコマース製品説明: Amazon製品説明、特徴、タイトルの生成。
  • 広告およびマーケティングツール: Facebook広告、Google広告、LinkedIn広告の生成。
  • SEOメタタグ生成: プロダクトページ、ブログポスト、ホームページ向けのメタタグ最適化

長所と短所

Copy.ai

長所

  1. 多様なコンテンツ生成: ブログ、デジタル広告、eコマースなど、多様な種類のコンテンツを生成できる。
  2. ユーザーフレンドリー: AI経験がなくても使いやすいインターフェース。
  3. カスタマイズ可能: ライティングトーンやスタイルのカスタマイズが可能。
  4. 迅速なコンテンツ生成: 高速で高品質なコンテンツ生成を実現。

短所

  1. 正確性の問題: 事実確認が必要な場合があり、一部のコンテンツで不正確さが指摘されている。
  2. ランダム性: 一部のコンテンツでランダム性や不連続性が見られる。
  3. 長文コンテンツの課題: 長い記事の生成には時間がかかり、品質にバラつきがある場合がある。

Writesonic

長所

  1. 広範な言語サポート: 25言語以上に対応し、多言語でのコンテンツ生成が可能。
  2. 直感的なインターフェース: 利用者に優しい設計で、さまざまなツールやテンプレートが簡単に利用可能。
  3. 多様なコンテンツタイプ: 豊富な種類のコンテンツを生成できる。
  4. 高度なAIエンジン: GPT-3.5およびGPT-4を利用した高品質なコンテンツ生成。

短所

  1. 情報の正確性: 特定の情報に関する正確性に課題があることが指摘されている。
  2. 価格設定: プランによってはコストが高くなる可能性がある。
  3. プレミアムプランの必要性: より高品質なコンテンツを生成するためには、より高価なプレミアムプランへのアップグレードが必要な場合がある。

これらの長所と短所を考慮すると、Copy.aiとWritesonicはそれぞれ異なるニーズやユーザータイプに適していると言えます。次に、使用例と適合性について詳しく見ていきます。

使用例と適合性

Copy.ai

使用例

  • コンテンツマーケティング: ソーシャルメディア投稿、ブログ記事、デジタル広告のテキストなど、マーケティング関連のコンテンツ作成に適しています。
  • eコマース: 商品説明、セールスコピーなど、eコマースサイト向けのコピーを迅速に作成するのに役立ちます。

適合性

  • 小規模ビジネスと個人事業主: コンテンツ生成のニーズが多岐にわたるが、専門のコピーライターを雇う予算が限られている場合に適しています。
  • マーケティングチーム: マーケティングキャンペーン用のコピーを素早く生成し、アイディアの創出を助けるツールとして使用できます。

Writesonic

使用例

  • ブログと記事の作成: SEOに強いブログポストや記事を生成するために使用され、コンテンツマーケティング戦略の一部として活用できます。
  • 多言語コンテンツ: 25言語以上に対応しているため、多言語でのコンテンツ作成に適しています。

適合性

  • 広範囲の言語ニーズを持つ企業: 多言語でコンテンツを生成する必要があるグローバル企業に最適です。
  • コンテンツクリエイターとブロガー: 高品質な記事やブログポストを定期的に生成する必要がある個人やチームに適しています。

両ツールは、それぞれ異なるニーズやユーザー層に適しており、ユーザーの目的や要件に応じて選択することが重要です。

パフォーマンスと信頼性

Copy.ai

パフォーマンス

  • Copy.aiは迅速に多様なコンテンツを生成し、特にマーケティング関連のテキストに強みを持つ。
  • ユーザーレビューでは、その時間節約の利点や使いやすさが強調されている。

信頼性

  • 一部のユーザーは、コンテンツ生成時のランダム性や不正確さを指摘しており、品質管理のためには追加の編集や事実確認が必要。
  • コンテンツの一貫性や長文の生成において若干の課題があることが示唆されている。

Writesonic

パフォーマンス

  • Writesonicは、多言語に対応し、幅広い種類のコンテンツを効率的に生成できる能力を持つ。
  • 特に、SEO最適化されたブログや記事の生成において高い評価を受けている。

信頼性

  • Writesonicのコンテンツには高い品質があるが、一部の情報の正確性や具体性に関してはユーザーからの指摘がある。
  • GPT-3.5およびGPT-4を使用しているため、最新のAI技術を活用したコンテンツ生成が可能だが、完全な精度を期待する場合には注意が必要。

このように、Copy.aiとWritesonicはそれぞれ異なる強みと課題を持っています。次に、これらの比較に基づく最終評価に移ります。

実際に使ってみた

Copy.ai

シンプルなUI

機能自体は非常にシンプルで、メインはチャットです。言語を変更する箇所はありませんでしたが、日本語での出力は問題ありませんでした。(ただ、PCから日本語入力すると入力途中でプロンプトが送信されてしまうなど、少しUIとして不便なところはありました。)

長い出力でもそこそこのクオリティ

では実際にどのような出力があるのかみてみましょう。

質問:NotionとKintoneの機能の違いについて教えてください

NotionとKintoneは両方ともビジネスで使用されるツールですが、異なる機能を提供しています。

Notionの機能:

コンテンツ管理:Notionは、複数のビジュアルブロック(テキスト、画像、動画など)を備えたノートブックスタイルのインターフェースを提供します。情報を整理し、ドキュメントを作成するのに便利です。

タスク管理:Notionでは、タスクの作成、割り当て、期限の設定ができます。タスクの進捗状況を追跡できるため、効率的なプロジェクト管理に役立ちます。

プラグインと連携:Notionは各種プラグインをサポートしており、他のアプリケーション(Google カレンダーやTrelloなど)との連携を可能にします。

ノート共有とコラボレーション:Notionのノートは他のユーザーと共有できるため、グループプロジェクトやチームワークでのコラボレーションを促進します。

Kintoneの機能:

ワークフロー管理:Kintoneは、プロセスやワークフローを作成、設定、監視する機能を提供します。タスクやプロジェクトの進捗状況を確認できるため、ビジネスプロセスを追跡するのに便利です。

データベースの作成:Kintoneでは、独自のデータベースを作成してデータを保存できます。フォームと連携して、データの入力や抽出を行うことができます。

ビジネスアプリケーションの開発:Kintoneは、カスタマイズされたビジネスアプリケーションの開発をサポートします。特定の業務プロセスに合わせて、独自のアプリケーションを作成することができます。

ユーザー管理と権限設定:Kintoneでは、ユーザーの追加や権限の管理が可能です。組織内でのアクセス制御や情報の保護に役立ちます。 これらの機能の違いに基づいて、Notionは主にタスク管理とコラボレーションに焦点を当てており、Kintoneはワークフロー管理とデータベースの作成に特化しています。

Infobaseで外部知識を導入、BrandVoiceで話のトーンを整える

カスタムGPTにおける知識(Knowledge)にあたり、.doc, .docx, .txt, .pdfが一つにつき10MBまでアップロードできるようです。

またBrandVoiceは元になる記事や文章を与えると、それを分析して登録できます。この辺りは今となっては必須でついていてほしい機能ですね。

Workflowで特定のタスクを実行させる

まだベータ版ではありますが、URLから広告のコピーを考えさせるなど、よく使うタスクをよりシンプルなUIにしたWorkflowという機能もありました。同じことをChatGPTでもやれなくはないのですが、細かなプロンプトをする必要がない分社内に展開するのは簡単かもしれません。

Writesonic

豊富な生成の選択肢

画像生成、音声合成など色々追加機能はあるのですが、ここではライティングの機能に絞って使ってみようと思います。システム言語に日本語はありませんでしたが、ライティングの言語の指定には日本語はありました。

長い出力は可能だが、コンテンツの盗用に注意

ここではArticle & Blog WriterのAI Writer 5.0を使ってみます。

質問:NotionとKintoneの機能の違いについて教えてください

まず最初に参照にする記事が出てきました。確かに記事を参照することは有効ですが、記事をまるパクリしてしまわないか不安ですね。

生成結果はこちらです。結論から言うと・・・、かなり類似した内容になってしまいました。追加の指示をするなどで盗用を回避する必要があると感じました。

100 words / 2921 characters
Notionとkintoneの比較:ビジネスツールの選択のポイント
この記事はNotionとkintoneの特徴を比較し、それぞれのツールの使い勝手や機能性を解説します。自社の業務に合ったツールを選ぶためのポイントをお伝えします。Notionとkintoneは、どちらもビジネスで広く使われているツールですが、それぞれに異なる特徴があります。この記事を通じて、自社のニーズに最適なツールを見つける手助けになれば幸いです。

Notionの特徴

Notionは、ノートやドキュメントの作成に特化したツールです。個人ユーザーからビジネスユーザーまで、さまざまな用途で利用されています。Notionの最大の特徴は、直感的な操作性です。シンプルなUIと豊富な機能を組み合わせて、簡単に使いこなすことができます。

直感的な操作性

Notionは、シンプルで直感的なUIを備えており、ノートやドキュメントの作成が簡単にできます。使い慣れたツールのような感覚で操作できるため、初めてのユーザーでも迷うことなく利用することができます。そのため、個人のメモやプロジェクト管理、タスク管理など、さまざまな用途に応じて活用することができます。

データベース機能が優秀

Notionのデータベースは、テーブルの列に対して様々なプロパティを設定できます。文字列、数値、日付、チェックボックス、ドロップダウン、タグ、リレーションなどのデータ型があり、それらを自由に組み合わせることができます。また、テーブルのレイアウトや見た目に関しても、テーブル、カンバン形式、ガントチャート、カード、カレンダーなどの表示形式に切り替えることができます。これにより、自分の使い方に合わせて最適なビューにカスタマイズできます。

チームコミュニケーションがしやすい

Notionは、チームでの共同作業にも対応しています。複数のチームメンバーとページやドキュメントを共有することができ、コメントやタグを使ってコミュニケーションを取ることができます。さらに、カレンダーやタスク管理機能を使って、スケジュール管理やタスクの割り振りを行うこともできます。チーム内の情報共有やタスク管理を効率化するための機能が充実しているため、チームでのプロジェクト管理に適しています。

kintoneの特徴

kintoneは、ビジネスプロセスの自動化や管理に特化したツールです。主にビジネスユーザー向けに提供されており、豊富な機能性が特徴です。kintoneを活用することで、効率的な業務プロセスの構築やデータ管理を行うことができます。

プロセス管理がしやすい

kintoneは、ビジネスプロセスの自動化や管理に特化しており、それに合わせた機能が充実しています。データベース機能をはじめ、フォームの作成やワークフローの設定など、ビジネスプロセスを効率的に自動化するための機能が提供されています。これにより、業務プロセスの改善や業務効率化を実現することができます。

アクセス制限が細かく設定できる

kintoneは、アクセス制限の管理機能に強みを持っています。ユーザーごと、グループごと、組織ごとにアプリレベルでの制限、レコードレベルでの制限、フィールドレベルでの制限が用意されています。これにより、情報の機密性やセキュリティを保持しながら、必要な情報の共有や閲覧を制御することができます。

Javascript、プラグインで独自機能を追加できる

kintoneでは、プラグインと呼ばれる拡張機能を利用して、独自の機能を追加することができます。プラグインは、kintoneの機能を拡張するためのものであり、様々な種類のプラグインが提供されています。例えば、アプリに登録されているレコードを一括でコピーできるプラグインや、通常のkintoneにはないカンバン形式での一覧の作成ができます。自社の業務に合わせた独自の機能を追加することで、より効率的な業務プロセスを構築することができます。

Notionとkintoneの比較

Notionとkintoneは、両方ともビジネスで広く使われているツールですが、それぞれに異なる特徴があります。以下では、Notionとkintoneを以下の項目で比較してみましょう。

操作性

Notionは、シンプルで直感的なUIを備えており、ノートやドキュメントの作成が簡単にできます。一方、kintoneは、ビジネスプロセスの自動化や管理に特化しており、視覚的なインターフェースでフローを作成できるため、ビジネスユーザーにとって使いやすいUIとなっています。

機能性

Notionは、豊富な機能性を備えており、ノートやドキュメントだけでなく、タスク管理やデータベース、カレンダーなどの機能があります。一方、kintoneは、ビジネスプロセスの自動化や管理に特化しており、データベース機能やフォーム作成、ワークフローの設定などの機能が充実しています。

共同作業

Notionは、チームでの共同作業にも対応しており、ページやドキュメントを共有することができます。コメントやタグを使ってコミュニケーションを取ることができます。一方、kintoneは、複数人での同時共同作業には向いておらず、ビジネスプロセスの自動化や管理に特化しています。

カスタマイズ

Notionは、データベース機能にテンプレートが用意されており、カスタマイズすることができます。一方、kintoneは、プログラムを実行できる環境を提供しており、Javascriptカスタマイズやプラグインでのカスタマイズが可能です。

セキュリティ

Notionは、個人ユーザーやスタートアップ向けのツールであるため、セキュリティについては限定的です。一方、kintoneは、企業向けのツールであり、アクセス制御やデータ暗号化など、セキュリティ面での機能が充実しています。

価格

Notionは、個人ユーザー向けの無料版がありますが、ビジネス向けのプランは、ユーザーあたり月額8ドルのプラスプランからとなっています。一方、kintoneは、基本的な機能を含むスタンダードコースが、月額1,500円から提供されています。

まとめ

Notionとkintoneは、それぞれに特徴があり、自社のニーズに合わせて使い分けることが重要です。Notionは、個人や小規模チーム向けのツールであり、シンプルで直感的なUIが特徴です。一方、kintoneは、ビジネスプロセスの自動化や管理に特化しており、多様な機能性とアクセス制限を備えています。企業が業務プロセスを改善するためには、kintoneのようなビジネス向けツールを選ぶことが適しているでしょう。自社の業務ニーズや予算に合わせて、Notionとkintoneを比較検討し、最適なツールを選びましょう。

その他のライティング機能

Copy.aiのWorkflowはおそらくWritesonicのこの機能にキャッチアップしようとしているのだろうと思いますが、SNSやその他媒体ごとに特化したライティング機能があります。これもプロンプトを工夫すればGPTでも可能だとは思いますが、ノウハウが必要な部分もあるので有用とは思いました。

まとめ: Copy.ai と Writesonic の比較に基づく推奨

特定の状況やユーザーグループに適したツール

  • Copy.ai:
    • 適しているシナリオ: 短期間で多様なマーケティング関連コンテンツやeコマースコピーを生成する必要がある場合。
    • ターゲットユーザー: 小規模ビジネス、個人事業主、スタートアップ、マーケティングチーム。特にAI経験がないユーザーでも容易に利用できる。
  • Writesonic:
    • 適しているシナリオ: SEO最適化されたブログや記事を含む、幅広い種類のコンテンツを効率的に生成する必要がある場合。また、多言語でのコンテンツ生成が求められるシナリオ。
    • ターゲットユーザー: 中規模から大規模のビジネス、グローバルに展開する企業、コンテンツクリエイター、ブロガー。多言語対応や高度なAIエンジンを活用したいユーザーに適している。

総合的な評価

  • Copy.aiとWritesonicは、それぞれ異なる強みと特性を持ち、ユーザーのニーズや特定の用途に応じて選択することが重要です。
  • Copy.aiは迅速なコンテンツ生成と使いやすさに優れており、マーケティングコンテンツやeコマースコピーの作成に特に適しています。
  • Writesonicは、SEO最適化された長文コンテンツや多言語対応の能力が特徴であり、広範なコンテンツニーズに対応する中大規模の企業や多言語でのコンテンツ作成が必要なユーザーに最適です。

結論

Copy.aiとWritesonicは、それぞれユニークな特徴と能力を持つAIコンテンツ生成ツールです。これらのツールは、マーケティングコンテンツの迅速な生成から多言語での広範なコンテンツ作成まで、幅広いニーズに対応することができます。ユーザーは、自身の目的や要件に応じて最適なツールを選択することが重要です。

参考サイト

  1. Scripted. “CopyAI Review: How It Works, Features, Pricing, & More”. www.scripted.com. [オンライン]. 利用可能: リンク
  2. Topapps.ai. “What is Copy.ai? – A Complete Overview for New Users”. topapps.ai. [オンライン]. 利用可能: リンク
  3. Scripted. “Writesonic Review: Features, Pricing, and Benefits”. www.scripted.com. [オンライン]. 利用可能: リンク
  4. Writesonic. “About Writesonic | We Help You Scale Content Production”. writesonic.com. [オンライン]. 利用可能: リンク
  5. QuickSprout. “Writesonic Review – What Makes Writesonic Great and Where Writesonic Falls Short”. www.quicksprout.com. [オンライン]. 利用可能: リンク

 

*この記事は生成AIによって半自動的に生成しています。

大好評!「マーケティングのための生成AI活用大全」のダウンロードはこちらから

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

 

弊社ではChatbotの開発や生成AIを活用した記事作成なども行っています。弊社の具体的な事例もありますのでご興味がある方はこちらからご覧ください。

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

 

LATEST ARTICLE

最新記事

今更聞けない!?世界三位の企業NVIDIAは、どの生成AIが勝っても勝つ

Copilot+PCのイメージ画像

生成AI戦争はデバイスへ:Copilot+ PCsとその競合

ChatGPTもこうなる?自律型エージェントMultiOnは怖いくらい実用的

生成AIで作成した子どもたちのお誕生日会

動画生成AI徹底比較:OpenAIのSoraは従来のAIと何が違うのか

AimplifiedとCatchyの比較記事のトップバナー

ライティング生成AI徹底比較!: SimplifiedとCatchy

タックスヘイブン

生成AIと著作権:日本がタックスヘイブン化?世界が注目する理由

Copy.ai vs Writesonicのトップバナー

ライティング生成AI徹底比較:Copy.aiとWritesonicを使ってみた

AI秘書

生成AIと秘書:日程調整、実際にどこまでできる?カスタムGPTでやってみた。

Slack or ChatGPT

ChatGPT Team?Slackボット?生成AIの企業導入はじめの一歩

飲食・ヘアサロン

生成AIと飲食・ヘアサロン:猫の手も借りたい現場を支えるChatGPTの活用事例

多様なチームとロボット

中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

経営者スカウター

経営者と生成AI:コードを使わず、自分でキャッシュフローの分析をやってみよう

経理ロボ

経理業務における生成AIと既存ツールとの棲み分けについてChatGPTに聞いてみた

生成AI書籍カバー

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

RAG 著作権

RAGと著作権:引用?盗用?著作権違反にならないためのポイント

著作権

生成AIと著作権:どうあるべき?世界のAI著作権事情と適切な画像生成ツール

個人情報漏洩

生成AIで近づく、個人情報ディストピア:事例やリスク・対策を解説

会計監査ロボット

会計監査と生成AI:大量の財務データを高速かつ正確に分析

農業ドローン

生成AIによる新たな農業革命:自動収穫から最適化まで事例を解説!

職業安定所

生成AIと仕事:奪われる職業と、どこでも必ず求められるたった一つのスキルとは

CONATCT

ご相談は下記フォームよりお気軽に

※弊社サービスを真剣にご検討されている方のためのお問い合わせを妨害するような営業メールは固くお断りします。

※年間お取引社数を決めて、お客様に向き合うスタンスの為、冷やかしや同業他社の探りのような連絡も控えてください。

※テンプレートのような内容で一斉に送っていると思われる内容に返信することはありません。

※ブランディング、各種コンサルティングサービス及びWEB・システム・AI実装など真剣にお悩みの場合はお気軽にお問い合わせください。

© BALENCER inc