( BALENCERの生成AIサービス )

お問い合わせ

TAG
CONTACT US

会計監査と生成AI:大量の財務データを高速かつ正確に分析

INDEX

会計監査と生成AI:大量の財務データを高速かつ正確に分析

会計監査は、企業の財務報告の正確性を保証するために不可欠なプロセスですが、従来は時間がかかり、多大な労力を要する作業でした。しかし、最近では人工知能(AI)の進化により、会計監査の方法が劇的に変化しています。

生成AI技術は、大量の財務データを高速かつ正確に分析する能力を備えており、監査プロセスをより効率的で信頼性の高いものに変えつつあります。この記事では、生成AIが会計監査にどのように応用されているのか、そのメリットとデメリットを詳しく解説し、実際の事例を紹介することで、AIと監査の未来についての理解を深めます。

会計監査ロボット

AIの監査への応用概要

AIが会計監査に革命をもたらす最大の特徴は、そのデータ処理能力にあります。AIは、数千万件にも及ぶ取引データを数分で分析し、不正行為や誤りを検出することができます。これにより、監査人は手動で全ての取引をチェックする必要がなくなり、リスクの高い領域に焦点を当てることが可能になります。さらに、AIは絶えず学習を続けるため、新しい種類の不正や複雑なパターンも時間をかけずに特定できるようになります。

メリットとデメリット

AIを活用する最大のメリットは、何をおいても監査の効率性と精度の向上です。AIは短時間で大量のデータを処理できるため、監査にかかる時間とコストを削減できるのです。これは、特に大企業や多国籍企業にとって有益であり、膨大な取引を迅速に分析し、財務報告の正確性を高めることができます。

一方で、AIの導入にはデメリットも存在します。例えば、AIシステムの設計と実装には高額な初期投資が必要であり、監査人や関連スタッフのトレーニングにもコストと時間がかかります。また、AIが不適切に設定されたり、不完全なデータセットで学習したりすると、誤った結果を生むリスクもあります。これらの問題を避けるためには、高度な技術知識と適切なデータ管理が求められます。

実際のAI監査事例

それでは具体的な事例を見ていきましょう。会計監査の世界は他の業種と比べても事例が多いのですが、主要なファームのものをそろえました。

  1. デロイト: デロイトは、契約文書のレビューと情報抽出のプロセスを自動化するためにAIを活用しています。この技術により、法的な契約書類、請求書、財務諸表、取締役会議事録のレビューにかかる時間を最大50%以上削減しています​​。
  2. EY: EYは、リース契約の分析にAIを適用し、契約からリース開始日、支払額、更新または終了オプションなどの関連情報を容易に抽出しています。また、EYは独自のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)システムを使用し、監査の自動化も実現しています。EYオーストラリアでは、銀行の監査確認の50%がAIシステムを使って処理されています​​。
  3. PwC: PwCは、GL.aiというAIツールを開発し、監査革新の年間賞を受賞しました。このシステムは、契約書や取締役会議事録など複雑な文書から意味のある洞察を形成するために自然言語処理(NLP)を使用しています​​。
  4. KPMG: KPMGは、KPMG Igniteと呼ばれるAIツールのポートフォリオを構築しています。これには、コールセンターアナリティクスエンジン、AI異常イベント予測ツール、文書コンプライアンス評価エンジンなどが含まれ、レンタルや投資契約から情報を抽出し分析します​​。
  5. PwC Japan: PwC Japanは、監査のAI化に関する研究を進めており、AI化が進むと監査の品質向上や時間削減が見込まれます。具体的には、被監査会社から各勘定科目の明細を入手し、それらに対し各監査手続をAIが実施することで、監査証拠を入手するプロセスが自動化されます​​。
  6. KPMG Japan: KPMG Japanでは、不正リスク検知モデル(Fraud Risk Scoring_ai)を開発し、過去の不正事例の特徴を機械学習で解析し、財務諸表における不正リスクを数値化しています。また、仕訳・取引レベルの誤謬・不正リスクスコアリングモデル(KPMC Clara analytics AI Transaction Scoring)も開発し、勘定残高だけでなく取引レベルまで詳細に分析することで、リスク評価の精緻化や不正検知を高度化しています​​​​。

法的制約と倫理的な問題

AIの監査への応用は、技術的な側面だけでなく、法的制約や倫理的な問題にも直面しています。AIが生成するデータの解釈には透明性が求められ、AIが誤った判断を下す可能性に対する責任の所在もクリアにする必要があります。

これらの課題に対処するためには、業界の標準化や法的枠組みの整備が急務です。また、プライバシーの保護や個人データの扱いに関する規制も、AIを監査に導入する際に考慮すべき重要な要素です。

まとめと将来展望

AIは会計監査を効率的かつ正確に行うための強力なツールですが、その導入には慎重な検討が必要です。メリットが大きい一方で、デメリットや法的・倫理的な課題も存在し、これらを理解し、適切に管理することが成功への鍵となります。

将来的には、AI技術のさらなる進化が期待されており、会計監査のプロセスをよりスムーズにし、企業の透明性と信頼性を高めることが予測されています。

他にも財務・経理関連の記事もまとめていますのでこちらもどうぞ。

生成AIで経理業務をクリエイティブな仕事に変革しよう!

財務分析も生成AIで効率化!あらゆる資料を読み込んだアシスタントをつくろう。

 


*この記事は生成AIによって半自動的に生成しています。

大好評!「マーケティングのための生成AI活用大全」のダウンロードはこちらから

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

 

弊社ではChatbotの開発や生成AIを活用した記事作成なども行っています。弊社の具体的な事例もありますのでご興味がある方はこちらからご覧ください。

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

また生成AI活用のイメージが湧かない、課題感はあるが言語化できていないという方はお気軽にこちらからお問合せください。

お問い合わせ

 

LATEST ARTICLE

最新記事

知識が貯まれば貯まるほど強くなる!NotionとAIで爆速経営しよう

NAVID IAイメージ

今更聞けない!?世界三位の企業NVIDIAは、どの生成AIが勝っても勝つ

Copilot+PCのイメージ画像

生成AI戦争はデバイスへ:Copilot+ PCsとその競合

ChatGPTもこうなる?自律型エージェントMultiOnは怖いくらい実用的

生成AIで作成した子どもたちのお誕生日会

動画生成AI徹底比較:OpenAIのSoraは従来のAIと何が違うのか

AimplifiedとCatchyの比較記事のトップバナー

ライティング生成AI徹底比較!: SimplifiedとCatchy

タックスヘイブン

生成AIと著作権:日本がタックスヘイブン化?世界が注目する理由

Copy.ai vs Writesonicのトップバナー

ライティング生成AI徹底比較:Copy.aiとWritesonicを使ってみた

AI秘書

生成AIと秘書:日程調整、実際にどこまでできる?カスタムGPTでやってみた。

Slack or ChatGPT

ChatGPT Team?Slackボット?生成AIの企業導入はじめの一歩

飲食・ヘアサロン

生成AIと飲食・ヘアサロン:猫の手も借りたい現場を支えるChatGPTの活用事例

多様なチームとロボット

中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

経営者スカウター

経営者と生成AI:コードを使わず、自分でキャッシュフローの分析をやってみよう

経理ロボ

経理業務における生成AIと既存ツールとの棲み分けについてChatGPTに聞いてみた

生成AI書籍カバー

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

RAG 著作権

RAGと著作権:引用?盗用?著作権違反にならないためのポイント

著作権

生成AIと著作権:どうあるべき?世界のAI著作権事情と適切な画像生成ツール

個人情報漏洩

生成AIで近づく、個人情報ディストピア:事例やリスク・対策を解説

会計監査ロボット

会計監査と生成AI:大量の財務データを高速かつ正確に分析

農業ドローン

生成AIによる新たな農業革命:自動収穫から最適化まで事例を解説!

CONATCT

ご相談は下記フォームよりお気軽に

※弊社サービスを真剣にご検討されている方のためのお問い合わせを妨害するような営業メールは固くお断りします。

※年間お取引社数を決めて、お客様に向き合うスタンスの為、冷やかしや同業他社の探りのような連絡も控えてください。

※テンプレートのような内容で一斉に送っていると思われる内容に返信することはありません。

※ブランディング、各種コンサルティングサービス及びWEB・システム・AI実装など真剣にお悩みの場合はお気軽にお問い合わせください。

© BALENCER inc