( BALENCERの生成AIサービス )

お問い合わせ

TAG
CONTACT US

生成AIと仕事:奪われる職業と、どこでも必ず求められるたった一つのスキルとは

INDEX

生成AIと仕事:奪われる職業と、逆にどこでも必ず求められるたった一つのスキルとは

生成AI(人工知能)の進化は、私たちの働き方や職業の未来に大きな変化をもたらしています。今日では、すでに多くの仕事が生成AIの力を借りて効率化されており、新しいキャリアの機会も生まれています。一方で自分の仕事がなくなってしまうのでは、居場所がなくなるのではと不安になる方も多いかもしれません。

生成AIは必ずしも従来のようなデジタルディバイドを引き起こすものではありません。それは人間が話す言語でコンピュータと会話できるようになったのが生成AIだからです。今後はむしろ現代の仕事において多かれ少なかれ求められている「あるスキル」が、より強烈に求められることになります。

この記事では、生成AIが仕事に与える影響、生成AIによって変化するスキルと能力、そして生成AIの進化に適応するためのスキル開発方法についてわかりやすく解説していきます。

職業安定所

AIの進化が仕事に与える具体的な影響

生成AI技術が進化するにつれて、多くの業界で自動化が進んでいます。

例えば、

  • 顧客サービスではチャットボットが問い合わせに応じるようになっています。これにより、ルーティンワークを行う人々の仕事は減少する可能性があります。一方でAIを管理・運用する専門家の需要は高まっています。
  • さらに、法律業界では文書のレビューや契約分析をAIが行うことで、従来の法律事務員の役割が変わりつつあります。
  • 医療分野では、診断支援システムが医師の判断をサポートし、より正確かつ迅速な診断に寄与しています。このように、AIは単に作業を自動化するだけでなく、専門知識を持つプロフェッショナルの業務をサポートし、彼らがより高度な分析や意思決定に集中できるようにしています。

特定の業務が完全に無くなるというのは想像しづらいですが、それでも今ではめっきり馬車の御者を見なくなったように一定の変化はあると考えられます。もう少し全体を俯瞰してみましょう。

  1. 米国の研究によると、税理士、数学者、通訳者、ライターなどの職業は生成AIによって大きく影響を受ける可能性が高いとされています。これらの職業では、少なくとも仕事の半分がAIによって効率化されることが示唆されています​​。
  2. 国際労働機関(ILO)の報告によれば、生成AIの影響は事務作業に最も大きく、これらの作業の24%が大きな影響を受け、58%が中レベルの影響を受けると指摘されています。特に、高所得国や高中所得国の事務職が影響を受ける可能性が高いとされています​​​​。
  3. 労働政策研究・研修機構(JILPT)の報告によると、生成AIはテレマーケティング担当者、中等後教育教師、法律サービス、証券・商品契約・投資などの分野に大きな影響を及ぼすとされています。また、高賃金の職業ほどAIの影響を受けやすいことが指摘されています​​。
  4. 生成AIの導入によって、特に初心者レベルや低スキルの労働者において生産性が向上することも報告されています。例えば、AIを使用することで、サポート担当者の生産性が平均13.8%向上し、労働者のスキルの格差が縮められる効果が見られたとされています​​。

こういった報告は最近になって特に沢山見受けられるようになりました。受け止め方によっては「自分の仕事は大丈夫だろうか」と悩む方もいると思います。逆にチャンスと捉える方もいるかもしれません。いずれにしても変化の波はすぐそこにあり、どう乗るかということが問われています。

AIによって影響を受ける仕事の将来性

AIによって自動化される仕事がある一方で、AIは新たなスキルや能力を求めています。

例えば、データ分析やプログラミングといった技術的なスキルは、AIの進化に伴いより重要になっています。また、AIが処理できない創造性や人間らしい感性を必要とする職業は、将来性が高いと言えるでしょう。具体的には、マーケティングにおける消費者行動の理解や、新商品のアイデア出し、ストーリーテリングの能力がその例です。

眠った大量のアンケートを資産に! ChatGPTを使って自動解析する方法。

また、AIがデータを処理する過程で生じる倫理的な問題に対処するための専門家も必要とされています。たとえば、データのプライバシー保護やバイアスの監視、AIの利用に関する法的規制の専門家などが考えられます。

生成AIのセキュリティ:「リスクが怖くて活用できない」から一歩踏み出すために

これらはAIが代替できない分野であり、人間特有の判断力や価値観が重要になってくるため、これからのキャリア選択においても重要なポイントとなります。

生成AIサービスの開発にプログラミングやデザインのスキルは必要。しかし・・・

AIの進化に適応するためには、新しいスキルを身につけることは重要です。今はオンラインコースやワークショップを利用して、プログラミングやデータ分析などの技術的なスキルを学ぶことができます。例えば、CourseraUdemyといったプラットフォームは、AIやデータサイエンスに関連する多くのコースを提供しており、初心者から上級者まで幅広いレベルの学習が可能です。

さらに、創造性や柔軟な思考を促進するため、デザイン思考やアイデア生成のワークショップに参加することも有効です。また、クリエイティブな思考や問題解決能力を養うためのトレーニングも有効です。これには、グループディスカッションやケーススタディを用いたアクティブラーニングが役立ちます。これらのトレーニングを通じて、AIが苦手とする分野での人間のスキルを磨くことができます。

しかしすべての人が技術職やデザイン職になる必要があるのでしょうか?筆者はそれは違うと考えます。むしろ、より求められるスキルがあります。

職種に限らず必ず求められるスキル:生成AIをマネジメントするスキル

日本の著名なデータサイエンティストかつV Tuberの一人でアイシア・ソリッドという方がいます。彼女(?)によると「人工知能は数学の戦いではなくなった」とのことです。では何の戦いになっているかというとより実用に近いところ、どう使うかというところになっています。

生成AIが本当に全てを代替するのであれば、経営も代替され生産活動から人間は全ていなくなることになります。しかしこれは極端な未来であり、現状は生成AIを経営活動に合わせて構成し、マネジメントする必要があります。それは人間の組織をつくることと大差ありません。そして今一人一台パソコンを持っているように、近い未来には各社員が自分の仕事を生成AIに振り続けることが日常になると思われます。

時には新卒でその業界についてまったく知識もない人間が、いきなり知識としてはプロフェッショナルな生成AIたちをマネジメントしなければならないのです。車と徒競走しても勝てないように、どれだけ知識を詰め込んでも生成AIに勝つことはないですし、仕事として求められるポイントはそこではないと考えます。

生成AIを扱うのが日常となった世界で求められるのは、生成AIのマネジメント能力です。いかに生成AIを経営課題・事業課題、その他のより現場に根差した課題に基づいて配置し、職掌を明確にし、目標データへのアクセスをあたえ、ワークフローを考案させ、実行させ、改善させていくか。こういったマネジメント能力が新卒の学生においても問われるようになっていくと思います。

従来のマネジメント能力の中でも特に必要な「言語化」と「読む」スキル

言語化スキル

では、従来の人をマネジメントすることとAIをマネジメントすることは完全に一緒なのでしょうか。当然これは違います。基本的には「言われたことに忠実に従う」のがAIだからです。つまり自分が求めることをキチンと言語化する能力が必要となります。

言語化とはいわゆるプロンプトエンジニアリングに限りません。そもそもこの事業の目的はなんのか、目標はなんなのかといった方向性を決めるものから、どういう時にそのAIにタスクが回ってくるのか。どのような例外が考えられるのか、それをどう処理してほしいのか。人間であればよろしく考えてくれそうなことでも、そこで延々とループしてしまう可能性もあります。事前に詳しく説明する必要があるのです。

また、テキストとしての言語に限らず、図でキチンと整理することも必要です。最近は画像を読めるマルチモーダルなAIも増えています。近年中には人間と同じように図でのコミュニケーションのほうが効率的になる可能性があります。どのようなワークフローをたどるのかといった設計を大枠から細かなところまで行い、それぞれのAIに自分の役割を認識させる、そこでもし何かエラーがあったのなら何が起きたのかを詳細に調べにいく。

これはプログラミングの世界で既に実際にやっていることで、ある意味ではこれを人間が話す自然言語で行えるようになっただけということです。人間に比べると超マイクロマネジメントする必要がある、というのが大きな違いで、そのためにはほぼ全てのことを言語化するという力が必要になります。

読むスキル

生成AIは大量のテキストを出力します。その中には自分の理解を越えた専門知識を含むものが入ってきます。自分で書く必要がないとしても、その内容が問題ないものなのか、自分の求めるものなのかは理解できる必要があります。

そのため、その人のAIを活用する限界というのはAIが言っていることが理解できるところまで、ということになります。実際にはAIが言っていることを理解せずとも、たとえばプログラムを書いたり資料をつくったりできますが、それがうまくいかなかった場合どうなるでしょうか?

その対策をまた生成AIに考えさせるでしょう。そしてその試行錯誤を何回も試して袋小路にはまり、自分は来てはいけない道に入ってしまったと気づくのです。筆者もプログラミングの際にこういったケースに陥りました。袋小路にはまってしまうと、引き返すことも容易ではありません。その時に痛感したのは「生成AIの言っていることが自分の理解を越え始めたら黄色信号。自分が理解できるまで質問するか、その道を歩まないのが賢明」ということでした。

あらゆる場面に生成AIが入ってきたときには読むスキル=良し悪しを判断できるスキルは必要不可欠です。

まとめ

AIの進化は仕事の未来に大きな影響を与えており、私たちはこの変化に適応するために新しいスキルを学ぶ必要があります。AIによって変化する業界や職種を理解し、AIのリスクと新たな機会をバランス良く捉えることが大切です。情報を収集し、継続的に学び続けることで、AIの時代においても充実したキャリアを築くことができるでしょう。将来にわたって競争力を保ち続けるためには、柔軟性を持ち、常に変化に適応し、新たな技術やトレンドを積極的に取り入れる姿勢が不可欠です。AIとの共存を模索しながら、私たち自身の能力を高めることで、未来の職業世界において成功を収めることが可能になります。

 


*この記事は生成AIによって半自動的に生成しています。

弊社ではChatbotの開発や生成AIを活用した記事作成なども行っています。弊社の具体的な事例もありますのでご興味がある方はこちらからご覧ください。

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

また生成AI活用のイメージが湧かない、課題感はあるが言語化できていないという方はお気軽にこちらからお問合せください。

お問い合わせ

 

LATEST ARTICLE

最新記事

動画生成AI徹底比較:OpenAIのSoraは従来のAIと何が違うのか

ライティング生成AI徹底比較!: SimplifiedとCatchy

タックスヘイブン

生成AIと著作権:日本がタックスヘイブン化?世界が注目する理由

Copy.ai vs Writesonic

ライティング生成AI徹底比較:Copy.aiとWritesonicを使ってみた

AI秘書

生成AIと秘書:日程調整、実際にどこまでできる?カスタムGPTでやってみた。

Slack or ChatGPT

ChatGPT Team?Slackボット?生成AIの企業導入はじめの一歩

飲食・ヘアサロン

生成AIと飲食・ヘアサロン:猫の手も借りたい現場を支えるChatGPTの活用事例

多様なチームとロボット

中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

経営者スカウター

経営者と生成AI:コードを使わず、自分でキャッシュフローの分析をやってみよう

経理ロボ

経理業務における生成AIと既存ツールとの棲み分けについてChatGPTに聞いてみた

生成AI書籍カバー

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

RAG 著作権

RAGと著作権:引用?盗用?著作権違反にならないためのポイント

著作権

生成AIと著作権:どうあるべき?世界のAI著作権事情と適切な画像生成ツール

個人情報漏洩

生成AIで近づく、個人情報ディストピア:事例やリスク・対策を解説

会計監査ロボット

会計監査と生成AI:大量の財務データを高速かつ正確に分析

農業ドローン

生成AIによる新たな農業革命:自動収穫から最適化まで事例を解説!

職業安定所

生成AIと仕事:奪われる職業と、どこでも必ず求められるたった一つのスキルとは

image-generation

ざっくり比較!DALL-E3など4つの主流画像生成AIとビジネスへの応用

Chatbot examples

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

スポーツアドバイザー

生成AIでスポーツはどう進化していく?:高度化するトレーニングと試合

CONATCT

ご相談は下記フォームよりお気軽に

※弊社サービスを真剣にご検討されている方のためのお問い合わせを妨害するような営業メールは固くお断りします。

※年間お取引社数を決めて、お客様に向き合うスタンスの為、冷やかしや同業他社の探りのような連絡も控えてください。

※テンプレートのような内容で一斉に送っていると思われる内容に返信することはありません。

※ブランディング、各種コンサルティングサービス及びWEB・システム・AI実装など真剣にお悩みの場合はお気軽にお問い合わせください。

© BALENCER inc