( BALENCERの生成AIサービス )

お問い合わせ

TAG
CONTACT US

生産性革命!生成AIによる議事録自動生成ツール完全ガイド

INDEX

生産性革命!AIによる議事録自動生成ツール完全ガイド

議事録ロボット

議事録自動生成AIのメリットとは?

手作業による議事録作成の課題

会議が終わってほっと一息ついたその時、あなたは思い出します。「議事録、まだ書いてなかった…。」と。手作業による議事録の作成は、時間がかかり、正確性を確保するのが難しい作業です。誰かが話している間にメモを取り、それを後から清書するだけでも一苦労。しかもその間、参加者は本来の仕事から目を離さなければなりません。議事録の作成は、議論の内容を正確に記録し、後日の参照やアクションプランの基礎とするために不可欠ですが、その過程は時間と労力を要求します。たとえば、技術的なミーティングでは、専門用語や複雑な議論の流れを追いかけながら正確にメモを取ることは特に困難です。また、誤解や記憶違いによる情報の歪みが生じるリスクもあります。

 

AI議事録ツールがもたらす変革

そこで注目されているのがAI議事録ツールです。これは会議中の発言をリアルタイムでテキスト化し、自動的に議事録を生成してくれる画期的なツールです。発言者の特定や要約機能を備えているものもあり、議事録作成の精度と効率を大幅に向上させることができます。AI技術を利用することで、会議中に記録を取る手間が省け、参加者は討議に集中できるようになります。さらに、生成された議事録はクラウド上で共有されることが多く、リモートワークの増加に伴ってチームメンバー間での情報共有ツールとしても非常に有効です。たとえば、ある社員がクライアントとの打ち合わせで重要な提案をした場合、AIツールはその議論を正確にテキスト化し、迅速にチーム内で共有することができます。これにより、提案に対するフィードバックや追加アクションがスムーズに行われるようになります。

 

AI議事録ツールの基本機能と選び方

AI議事録ツールの基本機能

AI議事録ツールの中核をなすのは音声認識技術です。これにより、話されている内容がテキストに変換され、時には話者ごとに分けて記録されることもあります。また、重要なポイントを自動で要約したり、キーワードをハイライトする機能もあるため、見返す時の手間を省けます。これらの機能は、特に長時間にわたる会議や多くのアイデアが飛び交うブレインストーミングセッションでその価値を発揮します。たとえば、マーケティング戦略を練る会議では、数多くのアイデアやデータが提示されることがありますが、AI議事録ツールはそれらを適切に記録し、重要な情報をハイライトしてくれます。これにより、会議後の分析や戦略策定がより迅速かつ効率的に行えるようになります。

 

ビジネスニーズに合わせたツールの選び方

 

AI議事録ツールの選び方には、ビジネスニーズを第一に考えるべきです。例えば、国際的な会議であれば多言語対応のツールが重宝しますし、リモート会議が多い場合はクラウドサービスとの連携が強いものを選ぶと良いでしょう。また、特定の業界や専門用語に対応したツールを選ぶことで、より高精度な記録が可能になります。セキュリティが重要な場合は、データ保護機能が強化されているツールを選択し、企業の機密情報を守ることも重要です。さらに、ツールのユーザビリティも重要な選択基準の一つです。直感的な操作が可能で、トレーニングの時間を最小限に抑えられるツールは、すぐにチームに受け入れられ、生産性の向上につながります。

 

無料ツールと有料ツールの比較

 

無料ツールも多数存在しますが、セキュリティやサポート面での制限がある場合が多いです。一方、有料ツールでは高度な機能や充実したサポートを期待できます。予算と必要機能を検討して、最適なツールを選びましょう。無料ツールは初期コストがかからず、小規模なビジネスや一時的なプロジェクトには適しています。しかし、企業規模が大きくなるにつれて、より高度なカスタマイズや専門的なサポートが求められるようになるため、有料ツールの導入を検討する必要があります。たとえば、多くの従業員が利用する大企業では、ツールの安定性やカスタマイズ性が重要な要素となり、これらは通常、有料ツールでのみ提供される機能です。また、有料ツールは更新頻度が高く、新機能の追加や改善が定期的に行われるため、最新の技術をビジネスに取り入れることができます。

 

おすすめAI議事録ツールの紹介と評価

 

手軽で直感的! tl;dv

弊社でもよく使っているtl;dv(Too Long; Didn’t View)は、録画、文字起こし、要約などの機能を提供するオンライン会議ツールで、すべて無料で無制限に利用できます。ZoomやGoogle Meetなどのプラットフォーム上で会議を効率化するために設計されており、議事録作成などの関連タスクを自動化するのをサポートします。

tl;dv

tl;dvの主な特徴:

  • 会議録画の保存、作成、共有ができるライブラリ
  • 30以上の言語で話者検出を含む完全な文字起こし
  • 音声ソースから特定の通話シーンを切り出す
  • 重要な会話部分を抽出して要約するAI(ChatGPT)によるパワード機能
  • 会議中に話されたトピックをAIベースで検索
  • Notion、Google Docs、Slack、Salesforce、HubSpotなどのツールとのシームレスな統合

 

tl;dvのおすすめポイントと制約:

おすすめポイント:
  • 会議中のメモ取りの必要がなくなる
  • 議事録作成にかかる時間と労力を削減
  • 参加者が細かい不明点を心配せずに会議に集中できる(あとで詳しく調べることができる)
  • 会議に参加する必要がある人数を減少させる
  • 無制限の録画ストレージとアカウント追加を可能にする
  • 録画の保存、再生、編集、共有を1つのツールで統合
制約:
  • Google MeetingとZoomとのみの互換性
  • 文字起こしはリアルタイムで確認または編集できない(会議後のみ可能)
  • 専門用語の認識を調整するためのキーワード登録をサポートしていない

その他のツール

他にも議事録ツールは沢山あります。もし上記のtl;dvに満足いかなければこちらから探してみて色々試してみてはいかがでしょうか。

議事録ツール紹介記事

会議の生産性を高めるためのヒント

効率的な会議運営のための事前準備

AI議事録ツールを活用するには、適切なマイクの配置や、音声認識の精度を上げるための環境整備が重要です。会議前にはこれらの準備を忘れずに行いましょう。適切なマイクの選択と配置は、ツールの音声認識精度に直接影響を与えます。例えば、大きな会議室での使用の場合、全参加者の声を拾えるように、複数の指向性マイクを設置する必要があるかもしれません。また、エアコンや外部の騒音といった、会議室内の環境ノイズにも注意が必要です。これらのノイズが音声認識の精度を低下させる原因となり得るため、遮音性の高い会議室を選ぶ、あるいはノイズキャンセリング機能を備えたマイクを使用することが推奨されます。

 

AIツールを活用した会議の進行方法

会議の進行中は、ツールが正確に議事録を取れるよう、発言者がはっきりと話すことが大切です。また、議事録ツールが分からない言葉を記録した場合は、会議後に確認しておくとよいでしょう。発言者がはっきりと話すことで、音声認識の精度が向上し、議事録の質が高まります。例えば、専門用語や略語を使用する際には、その意味をしっかりと説明することで、議事録に正確な情報が反映されます。また、AIツールが未知の語句に遭遇した場合は、それを「不明な言葉」として記録することがあります。このような場合は、会議後に確認し、適切な単語に置き換えることで、後日の混乱を避けることができます。

 

議事録を活用したアフターフォロー

会議後は、議事録を共有してアクションプランを立てます。AI議事録ツールが生成した文書は編集が容易なため、迅速なフォローアップが可能になります。共有された議事録をもとに、具体的なタスクや責任者を割り当てることで、会議での決定事項が実行に移されます。たとえば、プロジェクトのマイルストーンが議論された場合、議事録から直接アクションアイテムを抽出し、それぞれのタスクに期限と担当者を割り当てることができます。これにより、会議後の作業が明確化され、効率的なチームワークが促進されます。

 

まとめ:AI議事録ツールで変わる未来のワークスタイル

AIによる議事録自動生成ツールの普及は、会議の質と生産性を大きく変える可能性を秘めています。時間をかけずに正確な議事録を得られることで、参加者はより創造的な仕事に集中できるようになります。今後も技術の進化とともに、さらに便利で高機能なツールが登場することが期待されています。このガイドが、あなたのビジネスシーンでのAI議事録ツールの理解と選択に役立つことを願っています。

さらに技術的に詳しいことが知りたいあなたはこちらの記事もどうぞ!

生成AIに社内の議事録を全部読ませ、リアルタイムで社内の状況全把握する方法

 


*この記事は生成AIによって半自動的に生成しています。

弊社ではChatbotの開発や生成AIを活用した記事作成なども行っています。弊社の具体的な事例もありますのでご興味がある方はこちらからご覧ください。

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

また生成AI活用のイメージが湧かない、課題感はあるが言語化できていないという方はお気軽にこちらからお問合せください。

お問い合わせ

 

LATEST ARTICLE

最新記事

動画生成AI徹底比較:OpenAIのSoraは従来のAIと何が違うのか

ライティング生成AI徹底比較!: SimplifiedとCatchy

タックスヘイブン

生成AIと著作権:日本がタックスヘイブン化?世界が注目する理由

Copy.ai vs Writesonic

ライティング生成AI徹底比較:Copy.aiとWritesonicを使ってみた

AI秘書

生成AIと秘書:日程調整、実際にどこまでできる?カスタムGPTでやってみた。

Slack or ChatGPT

ChatGPT Team?Slackボット?生成AIの企業導入はじめの一歩

飲食・ヘアサロン

生成AIと飲食・ヘアサロン:猫の手も借りたい現場を支えるChatGPTの活用事例

多様なチームとロボット

中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

経営者スカウター

経営者と生成AI:コードを使わず、自分でキャッシュフローの分析をやってみよう

経理ロボ

経理業務における生成AIと既存ツールとの棲み分けについてChatGPTに聞いてみた

生成AI書籍カバー

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

RAG 著作権

RAGと著作権:引用?盗用?著作権違反にならないためのポイント

著作権

生成AIと著作権:どうあるべき?世界のAI著作権事情と適切な画像生成ツール

個人情報漏洩

生成AIで近づく、個人情報ディストピア:事例やリスク・対策を解説

会計監査ロボット

会計監査と生成AI:大量の財務データを高速かつ正確に分析

農業ドローン

生成AIによる新たな農業革命:自動収穫から最適化まで事例を解説!

職業安定所

生成AIと仕事:奪われる職業と、どこでも必ず求められるたった一つのスキルとは

image-generation

ざっくり比較!DALL-E3など4つの主流画像生成AIとビジネスへの応用

Chatbot examples

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

スポーツアドバイザー

生成AIでスポーツはどう進化していく?:高度化するトレーニングと試合

CONATCT

ご相談は下記フォームよりお気軽に

※弊社サービスを真剣にご検討されている方のためのお問い合わせを妨害するような営業メールは固くお断りします。

※年間お取引社数を決めて、お客様に向き合うスタンスの為、冷やかしや同業他社の探りのような連絡も控えてください。

※テンプレートのような内容で一斉に送っていると思われる内容に返信することはありません。

※ブランディング、各種コンサルティングサービス及びWEB・システム・AI実装など真剣にお悩みの場合はお気軽にお問い合わせください。

© BALENCER inc