( BALENCERの生成AIサービス )

お問い合わせ

TAG
CONTACT US

生成AIのセキュリティ:「リスクが怖くて活用できない」から一歩踏み出すために

INDEX

生成AIのセキュリティ:「リスクが怖くて活用できない」から一歩踏み出すために

暴走するロボット犬

生成AIが私たちの生活に多大な影響を与えている今、セキュリティはますます重要な話題になっています。この記事では、生成AIとセキュリティの基本から、安全に利用するためのガイドラインまで、初心者にも分かりやすく解説します。

生成AIとは何か?

生成AIとは、人工知能が新しいコンテンツを「生成」する技術のことです。たとえば、文章を書いたり、画像を作成したり、音楽を作曲するなど、創造的な作業をAIがこなすことができます。この技術は、ビジネスからエンターテイメントまで、多岐にわたる分野で活用されています。具体的には、メディア企業がニュース記事を自動生成するために利用したり、デザイン業界で独創的な画像を生み出すために使われたりしています。また、教育分野では、カスタマイズされた学習資料の作成に役立てられることもあります。

生成AIは学習を阻害するのか?加速させるのか?教育現場での活用方法

なぜセキュリティが重要なのか?

生成AIは便利ですが、セキュリティには特に注意が必要です。なぜなら、AIが生成したコンテンツは悪意ある利用が可能で、例えば偽情報の拡散や、著作権違反などのリスクがあるからです。また、AIシステム自体がサイバー攻撃の対象になることもあります。たとえば、AIを悪用して生成された偽の政治的声明や、有名人のディープフェイク動画が社会に混乱をもたらすケースが考えられます。セキュリティが不十分な場合、これらを未然に防ぐことが難しくなります。

他人の著作物を生成AIの学習に活用、無断だったら著作権侵害か

生成AIのセキュリティリスク

生成AIが直面するセキュリティリスクには、データの不正利用やプライバシー侵害があります。例えば、誰かの写真から個人を特定できるデータを生成したり、プライベートな情報を含む文章を作り出してしまうかもしれません。実際に、偽ニュースを拡散するために生成AIが使用された事例も報告されています。これにより、社会に対する信頼が損なわれるだけでなく、個人の名誉やプライバシーが侵害される可能性があります。

生成AIと個人情報―法的論点と実務上の対策の概説

 

生成AIサービスの利用者が注意すべき法的ポイント

生成AIのセキュリティ対策

では、どのようにして生成AIを安全に保つのでしょうか? 基本的なセキュリティ対策としては、AIシステムへのアクセス管理やデータの暗号化があります。これにより、不正アクセスやデータの漏洩を防ぐことができます。また、生成したコンテンツの監視とフィルタリングも重要です。例えば、不適切なコンテンツや誤情報を自動的に識別し、配信を防ぐためのアルゴリズムを導入することが考えられます。実際に、AIを利用する企業は、これらの対策を組み合わせてセキュリティを強化しています。

特にChatGPTに関しては少なくとも「学習させないモード」をオンにさせるようにしましょう。

ChatGPTに「会話を学習させない」モードが追加。設定方法はこちら

セキュリティの最新動向と生成AI

セキュリティ業界は常に進化しており、生成AIを取り巻くリスクに対応するための新しい手法が開発されています。例えば、AIの行動をリアルタイムで監視することで、不審な活動をすぐに検出する方法などがあります。将来的には、AI自身がセキュリティの監視役を担う日が来るかもしれません。このように、AIの進化に伴い、セキュリティ技術も進歩しており、生成AIの安全性を高めるための研究が続けられています。

ChatGPTだけでなくGoogleのPaLMやAnthropicのClaudeなど多様なモデルを使い分けることができる有名なフレームワーク、Langchainはユーザーのプロンプトとその結果を確認できるツール、Langsmithを提供しています。

これは本来生成AIアプリのデバッグのためのツールですが、悪意あるプロンプトが誰によって行われたか、その結果がどうだったのかも知ることができるツールです。

生成AIを安全に利用するためのガイドライン

企業はリスク評価を行い、コンプライアンス基準に従ってAIを管理する必要があります。個人ユーザーも、信頼できるプラットフォームを利用し、個人情報の共有には慎重になるべきです。安全なAI利用のためのヒントとして、パスワードの強化や二段階認証の利用が挙げられます。また、AI生成コンテンツを公開する際には、その出所や真実性を確認し、悪意ある利用を避ける責任がユーザーにもあります。

生成AIガイドライン一覧!産官学が発表したガイドラインをまとめてみた

まとめ:生成AIを安全に活用するために

生成AIは、私たちの創造性を高める素晴らしいツールですが、セキュリティには十分な注意が必要です。最新のセキュリティ対策を適用し、常に警戒心を持って利用することが重要です。これからも、AIとセキュリティの両方に関する知識を更新し続けることが、安全な利用への鍵となります。

生成AIとセキュリティについての理解を深めるためには、専門的な資格の取得や、オンラインリソースを活用することも一つの方法です。このようにして、生成AIを最大限に活用し、同時にセキュリティリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

 


*この記事は生成AIによって半自動的に生成しています。

弊社ではChatbotの開発や生成AIを活用した記事作成なども行っています。弊社の具体的な事例もありますのでご興味がある方はこちらからご覧ください。

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

また生成AI活用のイメージが湧かない、課題感はあるが言語化できていないという方はお気軽にこちらからお問合せください。

お問い合わせ

 

LATEST ARTICLE

最新記事

動画生成AI徹底比較:OpenAIのSoraは従来のAIと何が違うのか

ライティング生成AI徹底比較!: SimplifiedとCatchy

タックスヘイブン

生成AIと著作権:日本がタックスヘイブン化?世界が注目する理由

Copy.ai vs Writesonic

ライティング生成AI徹底比較:Copy.aiとWritesonicを使ってみた

AI秘書

生成AIと秘書:日程調整、実際にどこまでできる?カスタムGPTでやってみた。

Slack or ChatGPT

ChatGPT Team?Slackボット?生成AIの企業導入はじめの一歩

飲食・ヘアサロン

生成AIと飲食・ヘアサロン:猫の手も借りたい現場を支えるChatGPTの活用事例

多様なチームとロボット

中小企業にとってChatGPT Teamが鉄板の初手である、たった一つの理由

経営者スカウター

経営者と生成AI:コードを使わず、自分でキャッシュフローの分析をやってみよう

経理ロボ

経理業務における生成AIと既存ツールとの棲み分けについてChatGPTに聞いてみた

生成AI書籍カバー

限定無料DL!電子書籍:マーケティングのための生成AI活用大全

RAG 著作権

RAGと著作権:引用?盗用?著作権違反にならないためのポイント

著作権

生成AIと著作権:どうあるべき?世界のAI著作権事情と適切な画像生成ツール

個人情報漏洩

生成AIで近づく、個人情報ディストピア:事例やリスク・対策を解説

会計監査ロボット

会計監査と生成AI:大量の財務データを高速かつ正確に分析

農業ドローン

生成AIによる新たな農業革命:自動収穫から最適化まで事例を解説!

職業安定所

生成AIと仕事:奪われる職業と、どこでも必ず求められるたった一つのスキルとは

image-generation

ざっくり比較!DALL-E3など4つの主流画像生成AIとビジネスへの応用

Chatbot examples

生成AIを活用した、弊社のChatbot・ウェブサービスの事例集

スポーツアドバイザー

生成AIでスポーツはどう進化していく?:高度化するトレーニングと試合

CONATCT

ご相談は下記フォームよりお気軽に

※弊社サービスを真剣にご検討されている方のためのお問い合わせを妨害するような営業メールは固くお断りします。

※年間お取引社数を決めて、お客様に向き合うスタンスの為、冷やかしや同業他社の探りのような連絡も控えてください。

※テンプレートのような内容で一斉に送っていると思われる内容に返信することはありません。

※ブランディング、各種コンサルティングサービス及びWEB・システム・AI実装など真剣にお悩みの場合はお気軽にお問い合わせください。

© BALENCER inc