BALENCER BLOG

支援者が集まるクラウドファンディングの特徴

こんにちは!

先日改めてnoteに自己紹介(所信表明)を書いたら

すごい反響をいただいて舞い上がってます、まなつんです。

”自己開示”は日ごろからしている方だと思っていましたが

この記事を書いて改めて自己開示の重要性がわかりました。

人は相手が「なにをしているか」ということよりも

なぜしているか」に関心があり心も動く。

あほみたいに肩書きばっかり語ってるだけの人にはそりゃ誰もついていきませんよね。

(たまに毒舌です。許してください)

これからはもっとブログやnoteでも自分をさらけだしていきます(宣言)

さて今日はクラファンについてちょっと思うことを書いてみようかと思います!

私の主観でありなにかを否定、批判しているわけではありませんので広い心で読んでくださると助かります。

最近のクラウドファンディング事情

コロナの影響もありクラファンがより身近なものになったという方も多いのではないでしょうか。

クラウドファンディングサイト8社の決済方法と手数料を比較一覧 ...

利用する方もたくさん増えた一方で今問題になっているのは

飲食業界や美容業界の「前売り」のリターン。

コロナの影響がいつまで続くか分からない中で前売りのリターン用意はその場しのぎのつなぎ目でしかなく、万が一1年、2年と今の状態が続いた場合に倒産してしまい、リターンが返せなくなるのでは?ということが今問題になっています。

また通常運営に戻ったときに前売りで購入されたお客様に対してサービスを「通常運営の中で」提供しながらも、新規購入のお客様へのサービスの提供も合わせてしていかないと今発生している穴(赤字)は一生埋まりません。

そのことも踏まえプロジェクトを考えていかないといけないですね。

(リターン内容を否定しているわけではありません。クラファン成功後、通常運営に戻った先の計画・戦略も併せて立てていく必要があると思うということです)

クラウドファンディングの魅力

私個人的に思うクラファンの魅力は2つあります。

  1. ①低コストでテストマーケティングができるということ(支援を募る側)
  2. ②お金を使う「意味」を与え支援者たちの存在価値を高めるということ(支援者側)

低コストでテストマーケティングができるということ(支援を募る側)

今まで何か事業を新しく行おうと思った時、新製品を作ろうと思った時に必要な初期費用は自己資金もしくは銀行からお金を借りてスタートするというのが一般的でした。

そのために、月間の売上目標や見込み客数など細かく数字を叩き出し

事業計画書を元に信用を勝ち取り不確かな未来でも銀行がお金を貸してくれていたという状況です。

しかしながらクラウドファンディングはその「不確かな未来」を「確かな未来」にしてくれるのです。

新たに始める事業や作る製品を求めているユーザーがどれだけいるのか、ということを証明してくれる上に、前もって購入までしてくれるのです。

莫大な費用をかけて市場調査、アンケートをとる必要がなくユーザーの生の声が聞けます。

もしそのクラファンプロジェクトが失敗したとしても失われるものはクラファンを手掛けるにあたって費やした時間と人件費くらいです。

こういったこともあり、企業がクラファンを活用する例も増えて来ていますね。

参考▼

https://www.makuake.com/project/kurukurupi/

②お金を使う「意味」を与え支援者たちの存在価値を高めるということ(支援者側)

クラファンにお金が集まる理由は全てこれだと私は思ってます。

「誰から共感を得るかが鍵」と言う方が多いとは思いますが、

共感は必ず得ないといけないものでもないですし共感してもらえたからといって支援してくれるとは限らないと思ってます。

共感(きょうかん)、エンパシー(empathy)は、他者と喜怒哀楽の感情を共有することを指す。もしくはその感情のこと。例えば友人がつらい表情をしている時、相手が「つらい思いをしているのだ」ということが分かるだけでなく、自分もつらい感情を持つのがこれである
参照元:wikipedia

誰かが何かをしようとしているとき、当事者の気持ちを理解することや応援したいという気持ちに共感が伴っていないとそれは成り立たないのでしょうか?

例えばずっとフリーターでその日暮らしで全国を旅しているような友人に共感することはできませんが、その友人のことは好きですし自分が好きなことをしていて輝いて素敵だなと思う、応援したいなとも思います。

しかし、友人がもっているような感情を自分も持っているということではないと思うんです。

なので、クラファンの場合”共感”を元にお金が集まっているのではなくて

お金を使う意味と、自分の存在意義の明確化

これらの欲求が根底にあるからこそ支援者がたくさんいるんだと考えます。

「夕焼けと黄昏れる女性のシルエット」の写真[モデル:Mizuho]

お金を使う意味、存在意義の明確化を求める人々

必要なものは揃っていて不便なことがほとんどない今の世の中ではもうお金を使うということが単純に減ってきています。だからこそお金を使う「意味」をより求めている方が多いように思います。自己研鑽にお金を使うのなんかまさに「意味消費」であり自身の存在価値を高めたり存在意義を明確化するためですよね。

また例えばスタバのコーヒーを飲んだりアップルのパソコンを購入したりするのは、表面上の意味「その物が欲しい」と、もう一つ意味があります。

「アップルのパソコンを持ってる自分になりたい(存在価値が高まったように思う)」

という意味です。

何かモノを買うとき、それが食べものであろうが服であろうが、そのモノを手に入れた先にある「もう一つの意味」を与えられるかどうかが消費者の心を掴む鍵と考えます。
その意味を与えるためになにが必要だと思いますか?

物でも、事業でもなんでもいいですがそれらに対して取り組んでいる「なぜ」という想いと今までのストーリーとこれからの未来、ビジョンを伝えることです。

クラファンについてはもう一つの意味が明確になっていることが多い。

なぜならストーリーや想いを伝えないと支援なんて貰えないとわかってるからです。これはいわゆる”ブランディング”です。

そう考えるとクラウドファンディングに限らずサービス提供者は今の時代で選ばれるためにはブランディングが必要不可欠であることがわかりますよね。

表面上の意味ともうひとつの意味が明確になってるからこそ支援が集まることのわかりやすい例は、例えばキングコングの西野さんのクラファン。

有名人だからこそ資金が集まるといった要素ももちろんありますが、例えば

①2000円の絵本(自分の手元に届く)

②10,000円(絵本5冊)の絵本(子どもたちに寄付)

この二つでリターンを用意した場合圧倒的に②にお金が集まります。

ここでいうお金を使う意味は「絵本が手に入る」ということと

「子どもたちへの寄付に貢献できる自分になれる」という意味

直接的に何か子どもたちへの支援のために事業やプロジェクトを立ち上げる力はないけど、関われるなら関わりたいし応援したい

人は無意識下で誰かの役に立ちたいと思ってるものです。

この想いが実現することは自身の存在価値を高め存在意義の明確化にも近づくということがあると思うんです。

存在意義を明確化したいという欲求を人間が持っているということは、年収何十億と稼いでるような方が全く仕事をしなくなるか、というとそうじゃないということでも証明できます。

お金を稼ぐということは自己実現や何かを達成するための単なる手段であって最終ゴールにはなりえないのです。

死ぬほど稼いでる人も仕事をしつづけるのは

「自分の存在意義の明確化」「他者との繋がり」などを求めているからこそであると考えられます。


クラファン代行やネットショップ立ち上げのご相談などが増えてきていますが、ただお金を集める、売上を上げるだけの手段で終わらせるのではなく

「なぜ」クラファンをやりたいのか

「なぜ」ネットショップを立ち上げたいのか

そしてその先にどういう未来にしていきたいのか

という部分に焦点をあてあらゆる意味を見出し、プロジェクト終了後のことも視野に入れ弊社ではサポートしております。

お気軽になんでもご相談ください✨

BALENCER Inc. PR/SALES

MANA SAKAKOSHI

Facebook
Twitter
FOUNDER/CEO BUSINESS DESIGNER
阿部 貴之

大学卒業後、人材コンサルティング会社にて求人広告の営業、及び営業マネージャーに従事。株式会社リクルートキャリア出向。株式会社ジェイオーダー最高執行責任者を経てブランディングプランナーとして2018年に独立。同時にブランディング会社執行役員・シニアアドバイザーを兼務。その他複数社と人材採用コンサルティング契約を締結。2019年BALENCERを創業。

時代の流れの変化も激しい中、求人広告だけ載せておけばいい。そのような時代ではなくなりました。 求職者はIT分野を含めたあらゆる情報を取得し企業を選択します。採用上の表面的な見せ方ではなく、本質的な企業らしさを抽出すること。らしさを表現する採用ブランディング、コーポレートブランディングから一緒に考え、アウトプットしていく。これが長期的にいい人材を採用し、定着させる唯一の方法であると考えました。最初だけ良いことを言って、時間が経てば、企業の担当から離れる営業がたくさんいたと嘆くクライアントのみなさま。 私は長きに渡り、クライアントの傍でビジネスを一緒に作るということを行ってまいりました。採用でお困りの企業様、企業文化づくりや浸透、文脈デザインで頭を悩ませている方々、一時的なものではなく、長期的なスタンスで一緒に育てていきましょう。
BUSINESS PLANNING
高木 泰弘
2006年米国セントラルオクラホマ大学卒業。株式会社リクルートにて求人広告営業の後、2012年にコワーキングスペースsharebase.Incを創業。2016年世界42カ国にパートナーを持つコスプレ世界大会運営会社、株式会社WCSにて取締役CFO就任。1.5億円の資本調達及び海外統括として20カ国へ大会審査員として訪問、10カ国の新規参加国の受け入れ。現在エストニアにてTransferwiseのKYC部門を担当。バレンサーの新規事業で参加。
人は自分自身がどういう人間だと定義するかで行動から何から全てが変わります。他の人にどう見られているか、期待されているかにも大きく影響を受けます。一人の人間がそうであるなら、多数の人間で構成される会社はいわずもがなです。ブランドは絶え間ない自問自答であり、活動の一つ一つであり、歴史であり、結果としてアイデンティティとなっていきます。バレンサーの寄り添う力がそのブランドづくりに貢献できたらと考えています。
SALES・PR
坂越 真奈
大学卒業後、金融機関にて6年半営業職に従事。資産家、法人オーナーを中心に資産運用から相続、事業承継など幅広くコンサルティングを行い社長賞/新人営業トップなど受賞。その後独立、個人向け営業コンサルティング・コーチングを実施。バレンサーのセールス・PR・運営業務を広く担うオールラウンドプレイヤー。
我々バレンサ―は企業の持つ人の心を動かすような”大切な抽象的なもの”(目的、信念、それらを語るストーリーなど)を明確にし、 伝えたい人に伝わるようにすることを事業としています。そうすることによって欲しい人材に溢れ届けたい人に商品やサービスを届けられ企業(人)の唯一無二の価値が確立されるその価値の提供が関わる人(企業)を幸せにできるものだと確信しています。
CMO(Chief Marketing Officer)
加藤 梨紗
(株)リクルートマーケティングパートナーズでブライダル業界のBtoB営業に従事。データに基づいた仮説検証と企画提案で効果を創出することに楽しさを覚える。その後、映像やイベント、シェアオフィスの運営など幅広い業態を扱う会社でプロデューサーとして携わった後、広告制作会社を経て独立。BtoC分野のマーケティング・企画を得意とするバレンサーのマーケッター。
私たちは、強みも専門領域も全く違う。だからこそお互いを信用して、自分にできることを一生懸命やることができる。このぬるま湯とは程遠い居心地の良さが少しづつ大切な人に染み出して、アベンジャーズをどんどんスーパーチームにしていくこと。そして、困ったり、悲しい思いをしている人や事業の力になれたら、本当に嬉しく思います。これがバレンサーに期待すること、ならびに私もコミットしたいと思っているところ。