BALENCER BLOG

バレンサ―長期インターンシップスタート!

みなさんこんにちは!まなつんです。

前回更新から1ヶ月半も空いてしまいました。(noteはそれぞれ更新してますのでよければご覧ください)

あべたかnote→ https://note.com/abefis

まなつんnote→ https://note.com/manatsun

タイトルの通り先月より長期インターンをはじめまして3名の学生さんが参加してくださいました✨創業半年ちょっとで「なんでそんな集まったの?!」「どういうこと?」とたくさん問い合わせがありましたが、正直に言うと本当に理念や考え方を学生さんに伝え続けただけです。

学生さんがインターンに参加するのにはいろんな理由があると思います。

①インターンで社会勉強しながらバイトの代わりとしても働きたい

②やりたいことを見つけるために、いろんな職業を知るためにもインターンを通して職業体験をしてみたい

こういった理由の方が多いのではないかと思います。

バレンサ―では上記2つの理由ではインターンをする意味、理由としても薄いと思っています。

バレンサー長期インターンの内容も踏まえて説明しますね。

見返りありきのもので本当に学びたいことなんて身につかない

インターンシップは”学びの場”だと認識しています。「お金が貰えるならやるか」では意味がないのです。本当に学びたいと思った時、本当に極めたいと思った時に「お金が貰えるならやる」という言葉が出てくるでしょうか?そしてそのようなスタンスの状態で企業が会社として大事にしていること、働いている人がどういう想いでなんのために働いているか、ということが100%伝えられるでしょうか。

学ぶということは真似ぶということ。真似ぶということは、一旦自分の考えや今までの経験を横に置いて、まっさらな状態で1から学ぶことを言います。自分の考えや今までの経験ありきで学ぼうとすると「いやそれは違うだろ。」「前はこうだったから今回もこうだ!」と主観や固定観念に縛られて本当の意味で学ぶことが難しくなります。学ぶのは全て”人から”学ぶのであり、ここのスタンスは教えたい、伝えたい側としてもとても重要なのです。

「お金がもらえるから参加してみよ」

「広報やってみたいし広報経験できるならやってみよ」

こういった理由で学ぶ場であるインターンシップに参加されては意味がないんです。

「バレンサ―のインターンシップに参加したい。」

「バレンサ―の人達から学びたい!」

何をやるかよりも誰から学ぶか、ここを一番に大事にしてほしいし、だからこそ学びが深くなりその学びが参加してくれた学生さんの一生の武器になる。

本当に大事なことはどんな事業でも、事業をしている人の想いとその先にある仲間やクライアントさんの笑顔。事業内容は二の次。本来の目的(想い)を達成するためには手段はなんだっていいんです。仕事の本質に気づいてほしいからこそ、インターン参加までに何個もハードルを用意しました。

その結果、とても素敵な学生さんに参加してもらえて本当に幸せです✨

インターンシップの内容は”広報活動”

音声確認中のあべたかと学生さんたち

バレンサ―の想いとして学生さんの貴重な時間をいただいたからには、どの会社に行ったとしても生きていける力をつけてほしい、一生の学びにしてほしいということです。

先ほどの仕事の本質についてはもちろん、人としての在り方や考え方などインターンを通して伝えていきます。しかし学生さんがインプットするだけでは本当の学びとは言えません。

”学びたい”というスタンスでまっさらな状態の学生さんに私たちが大事にしていることなどを伝える。それらをインプットしていただき何度も咀嚼し、自分の言葉にしてアウトプットできてこそ本当の学びになる。そのアウトプットの場として「広報活動」が最適だと考え、インターン内容はバレンサ―の広報活動にしました。

 

youtubeチャンネル開設のための撮影風景

「これやって」「あれやって」と決まったことをしてもらうのではなく、0から生み出す過程を経験してほしいと思っています。産みの苦しみがわからないと、会社で勤める際も主体性をもって働くことが難しいと考えているためです。

広報活動で何をするか、どうやったら人に伝えたいことを伝えられるか、どうやったら人の心は動くのかなど一緒に考えて一緒に作っていく。共に学び成長しあえる場にしていきたいと思っています✨

あべたかが一番ダメだしをされてましたが、一番楽しんでました

インターンの進捗など随時更新していきます!

お楽しみに~😊

BALENCER Inc. PR

Mana Sakakoshi

Facebook
Twitter
FOUNDER/CEO BUSINESS DESIGNER
阿部 貴之

大学卒業後、人材コンサルティング会社にて求人広告の営業、及び営業マネージャーに従事。株式会社リクルートキャリア出向。株式会社ジェイオーダー最高執行責任者を経てブランディングプランナーとして2018年に独立。同時にブランディング会社執行役員・シニアアドバイザーを兼務。その他複数社と人材採用コンサルティング契約を締結。2019年BALENCERを創業。

時代の流れの変化も激しい中、求人広告だけ載せておけばいい。そのような時代ではなくなりました。 求職者はIT分野を含めたあらゆる情報を取得し企業を選択します。採用上の表面的な見せ方ではなく、本質的な企業らしさを抽出すること。らしさを表現する採用ブランディング、コーポレートブランディングから一緒に考え、アウトプットしていく。これが長期的にいい人材を採用し、定着させる唯一の方法であると考えました。最初だけ良いことを言って、時間が経てば、企業の担当から離れる営業がたくさんいたと嘆くクライアントのみなさま。 私は長きに渡り、クライアントの傍でビジネスを一緒に作るということを行ってまいりました。採用でお困りの企業様、企業文化づくりや浸透、文脈デザインで頭を悩ませている方々、一時的なものではなく、長期的なスタンスで一緒に育てていきましょう。
BUSINESS PLANNING
高木 泰弘
2006年米国セントラルオクラホマ大学卒業。株式会社リクルートにて求人広告営業の後、2012年にコワーキングスペースsharebase.Incを創業。2016年世界42カ国にパートナーを持つコスプレ世界大会運営会社、株式会社WCSにて取締役CFO就任。1.5億円の資本調達及び海外統括として20カ国へ大会審査員として訪問、10カ国の新規参加国の受け入れ。現在エストニアにてTransferwiseのKYC部門を担当。バレンサーの新規事業で参加。
人は自分自身がどういう人間だと定義するかで行動から何から全てが変わります。他の人にどう見られているか、期待されているかにも大きく影響を受けます。一人の人間がそうであるなら、多数の人間で構成される会社はいわずもがなです。ブランドは絶え間ない自問自答であり、活動の一つ一つであり、歴史であり、結果としてアイデンティティとなっていきます。バレンサーの寄り添う力がそのブランドづくりに貢献できたらと考えています。
SALES・PR
坂越 真奈
大学卒業後、金融機関にて6年半営業職に従事。資産家、法人オーナーを中心に資産運用から相続、事業承継など幅広くコンサルティングを行い社長賞/新人営業トップなど受賞。その後独立、個人向け営業コンサルティング・コーチングを実施。バレンサーのセールス・PR・運営業務を広く担うオールラウンドプレイヤー。
我々バレンサ―は企業の持つ人の心を動かすような”大切な抽象的なもの”(目的、信念、それらを語るストーリーなど)を明確にし、 伝えたい人に伝わるようにすることを事業としています。そうすることによって欲しい人材に溢れ届けたい人に商品やサービスを届けられ企業(人)の唯一無二の価値が確立されるその価値の提供が関わる人(企業)を幸せにできるものだと確信しています。
CMO(Chief Marketing Officer)
加藤 梨紗
(株)リクルートマーケティングパートナーズでブライダル業界のBtoB営業に従事。データに基づいた仮説検証と企画提案で効果を創出することに楽しさを覚える。その後、映像やイベント、シェアオフィスの運営など幅広い業態を扱う会社でプロデューサーとして携わった後、広告制作会社を経て独立。BtoC分野のマーケティング・企画を得意とするバレンサーのマーケッター。
私たちは、強みも専門領域も全く違う。だからこそお互いを信用して、自分にできることを一生懸命やることができる。このぬるま湯とは程遠い居心地の良さが少しづつ大切な人に染み出して、アベンジャーズをどんどんスーパーチームにしていくこと。そして、困ったり、悲しい思いをしている人や事業の力になれたら、本当に嬉しく思います。これがバレンサーに期待すること、ならびに私もコミットしたいと思っているところ。