BALENCER BLOG

【バレンサー社長blog】1期目の振り返りとこれから

2019年12月3日、株式会社バレンサー(BALENCER Inc.)を立ち上げた。

私は創業前フリーランスとして約1年ほど、人事組織のコンサルや企業ブランディングを行なっていた。現クライアントだけでなく、関わる人すべての人と組織に長期的な価値を感じていただき、喜んでいただく為にどうあるべきかを必死で考えた結果、自ずと法人化するという解になった。

BALENCERの由来は

  BA(Business Analyticsの略)ビジネスを戦略から考える

  BAL フランス語で舞踏会、手を取り合う

  LENCER 寄り添う人

ビジネスを一緒に考えながら寄り添う集団でありたい、という意味を込めた造語。

発音のしやすさや事業として美容や健康やファッション事業も想定しどのジャンルでも文字の違和感のない社名にしたくて詰め込んだ社名。とても愛着が湧いている。全く知らなかった人がバレンサーと呼んでいただけている時にふと喜びを噛み締めている。こんなに嬉しいものかと。

また、この度皆様のおかげで無事1周年を迎えることができました。コロナで世の中も大変な時に弊社も同じ状況下でこうして事業を行ってこれたのは本当に関わる全ての皆様の支えがあったからこそ。もっと成長してご恩をお返しするためにも、1期目を終えて主に感情部分のまとめと2期目への意気込みを出来る限り簡潔に記そうと思います。

For Loved Ones.(大切な人のためにどこまでも。)が生んだ出逢いの数々

あるべき姿を一言で表現した言葉が”For Loved Ones.(大切な人のためにどこまでも。)だ。バレンサーに集うメンバー達はクラアントや関わる人に接する際、For Loved ones.から外れることはないしずっと誇りに思っている。

この言葉のファンは多く、非常にたくさんの人の共感を呼んだ。2019年2月から本格的にTwitterをスタート。私と広報の坂越中心に毎日バレンサーらしさを言葉にしたら4ヶ月後には二人でフォロワー5,000人、一緒にバレンサーと仕事をしたいと言ってDMいただいた方が10名以上、協業依頼は約30社(人)に至った。クライアントだけでなく、ホームページには記載していないが、業務委託メンバーやクリエイター、エンジニア、事業パートナーに至るまでバレンサーのメンバーが体現して言葉とリンクする姿に応援したいと言っていただけた。

言葉の力、可能性は無限だということを身に沁みて実感した一年だった。

組織デザインを生業にしている以上、バレンサー自身、スローガンが武器になり、生き物になり、たくさんの人が集まる状態を作れたことは本当に嬉しい出来事だった。もっと理念の大切さを届けていきたい。

やっぱり、組織は人。だからこそ船上員には徹底的にこだわるという意思決定は正しかった。

メンバーはとにかく人に対して想いを持っていて、責任感もあって、やり切ることができる人たち。

自然と周りにも良い人たちが集い、支援してくれた。良いメンバーに恵まれたことで一度も危機に陥ることなく1周年を迎えられたから感謝しかない。

常に最悪のシナリオを描いて、圧倒的な行動をする。絶対に諦めない。挑戦し続ける。

実ははじめて言うがコロナによってリリース直前で頓挫したサービスやプロジェクトは結構あった。

・美容複合シェアサロンの店舗を関西から西日本にかけて複数出店をするための準備をしていた。

出資を募るためたくさんの企業様に企画書を持ってプレゼンする日々。借り入れ含めて見立てが立ったのでそろそろというタイミングだった。ギリギリになって、事業を仕掛けるタイミングはもう少し後にしようと判断した直後にコロナが襲った。今でも思い出すと震えるくらい。

・エストニアのSaaS型サービスの日本総代理店契約。契約書の調印を終えたところでコロナストップ

・大阪某所で飲食モールのブランディング

・観光客向けに飲食のポータルサイトを作る事業

・神戸の旅館をリブランディング

コロナで全てストップ

案件によっては4ヶ月以上の時間をかけていたものもあったのでさすがに気落ちはした。

しかし、3倍ほど同時並行で挑戦していたので、自ずと新たなサービスが立ち上がりコロナも追い風となった。その中の一つがECだ。コロナ禍において、大切な企業がピンチになったことをきっかけにECを伸ばそうをアクセルを踏んだ。ECの実績が一気に3社(ブランディングから入るのでどうしても時間がかかる)になった。

組織を変える。魅せ方を変える。戦い方を変える。と掲げているが、”戦い方を変える”(≒ビジネスモデル)ことをしてしまえばそれにフィットするように組織や魅せ方も必然的にスピーディに変化するので次にコロナのような危機があっても生き残れる柱を作ってあげられるのではないか?という想いからEC事業を育てていった。

バレンサーの強みでもあるブランディング、SNSマーケ、デジタルチームづくりも最大限生きてブランディングの長期戦略パートナー契約を結び支援できる関係性がつくれたことは感慨深い。

For Loved Ones.(大切な人のためにどこまでも。)を体現するために必要な他社サービスの代理店契約や提携などもたくさん実施した。その中でも協業先からも新たな事業の機会をたくさんお声掛けいただき出逢いの連鎖で救われたこともたくさんあった。

創業間もないのに長期インターンシップへ挑戦

コロナ禍に実施したオンライン説明会には12名の学生が全国から参加。最終的に4名の学生さんと弊社のバレンサーチャンネル(youtubeチャンネル)をつくるという広報支援を題材に実施。最後まで一緒にやり抜けたのは2名だったけど本当に素敵な出会いだった。バレンサーが今年は受け入れが出来なかった分、どこでも通用できる人材に育てることができた自負はある。どこの会社へ行ってもこれからの時代はつながり続ける。これからも一生付き合っていきたいし出来る限り応援し続けられるように発展し続けて戻ってこれる場所として存在し続けることを約束した。ふでさん、はーちゃんありがとうね。

ビジネスは人の想いの塊。だから想いのある人が絶対だ。

事業をするとき、会社を起こすとき、ビジネスモデルや売上、それらを叶えることのできる人やスキルにどうしても目が行きがちになる。しかし、1年企業を経営してきて思ったことはやっぱりビジネスは人の想いの塊。その想いに反応し、共鳴し、何とかしたいと自然と行動してしまう人となら何だって乗り越えていける気がするし、実際にやってみてそうだった。2期目以降も絶対に外してはならないところだし大切にしていきたい。

長期インターンシップを終えて▶︎https://balencer.jp/blog/2020/11/30/internship1-end/

2期目のバレンサーは「バレンサーさん?」

「バレンサーさんはどう思うかな?」これはバレンサーメンバーの最近の合言葉。

もともとは私という個人の分身のような形で出来た株式会社バレンサー。段々とCMOの加藤とPRの坂越、育休中の高木の強みも重なり合って、バレンサーという会社は”人格”を持つようになった。阿部個人がどうか?よりもバレンサーさんはどう思うだろうか?という議論を出来るのは正直涙なくしてはいられない。

創業者の想いなんて関係なく、本気で我が事と思ってバレンサーを想えることが尊い。本当にありがとう。

決算数字も案件ごとの売上や利益も全部フルオープンにして実施した11月の福岡合宿でさらに一つになったからバレンサーの2期目はとても明るい。不況が訪れようと乗り越えてクライアントに還元できるように進む道しか見えていない。

バレンサーのこれから

バレンサー2期目の目玉としてはこちら。

EC

引き続きECに注力します。shopifyパートナーの中でもエキスパートになります。

動画制作

そして同じくらい注力するのが動画です。これはもうすこししたらリリースしますがホームページのように全てのコンテンツを一つの動画内で表現できる動画サービスをリリースします。ホームページと動画どうしようか?と思っている方は一度ご相談ください。5G時代に波に乗れる方法があります。

パーソナルブランディング

創業当時からずっと温めてきたパーソナルブランディングサービスは2期目からスタートします。個の時代にちゃんと個人というビジネスが成立するために必要な軸づくり、広報スキルを学べて、バレンサーが培ったブランディングを個人に落とし込み支援し続ける事業を行います。

バレンサーオンラインショップ

DtoCの分野で2021年はバレンサーでも驚くような商品をリリースします。

その他独自システムの整備や人材採用や組織づくりの強化なども含めてバージョンアップしていきます。

最後に

2期目ではさらに多方面の事業を立ち上げていきますので、想いの純度が同じ仲間が必要になります。第二期長期インターンシップも検討中です。もし、ジョインしたいという想いを持っていただいた方はぜひ一度お声かけください。そして現在ご一緒させていただいているクライアント企業の皆様、まだ見ぬ未来のクライアント様、これからもバレンサーさんをよろしくお願いいたします。

Facebook
Twitter
FOUNDER/CEO BUSINESS DESIGNER
阿部 貴之

大学卒業後、新卒から12年間人材コンサルティング会社(現 株式会社インオーダー)にて求人広告の営業、及び営業マネージャーに従事。また、株式会社リクルートキャリアにトップガンで出向。グループ会社株式会社ジェイオーダー最高執行責任者を経てブランディングプランナーとして2018年に独立。同年からブランディング会社COO・シニアアドバイザーを兼務し、複数社と人材採用・WEBコンサルティング契約を締結。2019年12月に株式会社バレンサー(BALENCER Inc.)を創業。

時代の流れの変化も激しい中、求人広告だけ載せておけばいい。そのような時代ではなくなりました。 求職者はIT分野を含めたあらゆる情報を取得し企業を選択します。採用上の表面的な見せ方ではなく、本質的な企業らしさを抽出すること。らしさを表現する採用ブランディング、コーポレートブランディングから一緒に考え、アウトプットしていく。これが長期的にいい人材を採用し、定着させる唯一の方法であると考えました。最初だけ良いことを言って、時間が経てば、企業の担当から離れる営業がたくさんいたと嘆くクライアントのみなさま。 私は長きに渡り、クライアントの傍でビジネスを一緒に作るということを行ってまいりました。採用でお困りの企業様、企業文化づくりや浸透、文脈デザインで頭を悩ませている方々、一時的なものではなく、長期的なスタンスで一緒に育てていきましょう。
BUSINESS PLANNING
高木 泰弘
2006年米国セントラルオクラホマ大学卒業。株式会社リクルートにて求人広告営業の後、2012年にコワーキングスペースsharebase.Incを創業。2016年世界42カ国にパートナーを持つコスプレ世界大会運営会社、株式会社WCSにて取締役CFO就任。1.5億円の資本調達及び海外統括として20カ国へ大会審査員として訪問、10カ国の新規参加国の受け入れ。現在エストニアにてTransferwiseのKYC部門を担当。バレンサーの新規事業で参加。
人は自分自身がどういう人間だと定義するかで行動から何から全てが変わります。他の人にどう見られているか、期待されているかにも大きく影響を受けます。一人の人間がそうであるなら、多数の人間で構成される会社はいわずもがなです。ブランドは絶え間ない自問自答であり、活動の一つ一つであり、歴史であり、結果としてアイデンティティとなっていきます。バレンサーの寄り添う力がそのブランドづくりに貢献できたらと考えています。
SALES・PR
坂越 真奈
大学卒業後、金融機関にて6年半営業職に従事。資産家、法人オーナーを中心に資産運用から相続、事業承継など幅広くコンサルティングを行い社長賞/新人営業トップなど受賞。その後独立、個人向け営業コンサルティング・コーチングを実施。バレンサーのセールス・PR・運営業務を広く担うオールラウンドプレイヤー。
我々バレンサ―は企業の持つ人の心を動かすような”大切な抽象的なもの”(目的、信念、それらを語るストーリーなど)を明確にし、 伝えたい人に伝わるようにすることを事業としています。そうすることによって欲しい人材に溢れ届けたい人に商品やサービスを届けられ企業(人)の唯一無二の価値が確立されるその価値の提供が関わる人(企業)を幸せにできるものだと確信しています。
CMO(Chief Marketing Officer)
加藤 梨紗
(株)リクルートマーケティングパートナーズでブライダル業界のBtoB営業に従事。データに基づいた仮説検証と企画提案で効果を創出することに楽しさを覚える。その後、映像やイベント、シェアオフィスの運営など幅広い業態を扱う会社でプロデューサーとして携わった後、広告制作会社を経て独立。BtoC分野のマーケティング・企画を得意とするバレンサーのマーケッター。
私たちは、強みも専門領域も全く違う。だからこそお互いを信用して、自分にできることを一生懸命やることができる。このぬるま湯とは程遠い居心地の良さが少しづつ大切な人に染み出して、アベンジャーズをどんどんスーパーチームにしていくこと。そして、困ったり、悲しい思いをしている人や事業の力になれたら、本当に嬉しく思います。これがバレンサーに期待すること、ならびに私もコミットしたいと思っているところ。