BALENCER BLOG

長期インターン生に令和の就活事情を聞いてみた(後編)-Z世代・ミレニアル世代とは-

みなさんこんにちは!まなつんです。

タイトルの通り、YouTubeにて「 長期インターン生に例話の就活事情を聞いてみた(後編)」をアップしました。ラジオ感覚でも聞けますので、企業の採用担当者の方や経営者の方などぜひこの動画を聞いて今の若者の思考をアップデートしてください✨

前編はこちら▶https://balencer.jp/blog/internship1/

またインターン生がTwitterもはじめてくれました。ぜひフォローしてくださいね!

はーちゃんTwitter▶https://twitter.com/hazuki_intern

たかしTwitter▶https://twitter.com/takashi_wtnb

長期インターン生に令和の就活事情を聞いてみた(たかしver.)22卒

あべたか

いつから就活(インターン)はするの?

僕は結構早くて2年生の終わりの3月から情報収集を始めてました。夏のインターンに参加しようと思ったら3年生の4月、5月から動き出さないといけないのかなという感じですね。

たかし

あべたか

たかしは動き出したのがだいぶ早いね!

就活ではどんな媒体を使ってるの?

いろんな媒体で情報収集してます!僕の場合は

①ナビサイト②特化型ナビ③OB訪問型アプリ④逆求人サイト⑤SNS

ですね。

たかし

あべたか

なるほどね。僕らの時代は就活ナビサイトが1個か2個しかなかったから、それだけ見てたら網羅してたんやけど、今はそういう感じではないのかな?

そうですね、ナビサイトだと大手から小さい会社業界問わず数が多く散乱してしまっているので、個人にリコメンドしてくれるような小さい媒体とかの方が自分に合った企業を見つけやすいのかなと思います。

たかし

あべたか

個人にリコメンドってどういうこと?

自分のプロフィールを打っておくと企業の方から見つけてくれて、スカウトをしてくれるようなものですね。

たかし

あべたか

就活をしていて、「この会社に行きたいな」と思うポイントは?

面接で社員の方と話すとかインターンに参加して、その会社の雰囲気を感じることで初めていいなって思える気がします。

たかし

あべたか

学生さんが企業に求めるものはなに?一般論とたかしの場合と教えてくれる?(笑)

みんなそれぞれ就活の軸、会社の軸があると思いますが、一般論でいうと”成長したい”とか”自由に働きたい”と言っている人が多いと感じます。僕の場合はそれに加えて”カオス”みたいなのが好きなので、その会社に入って、3年後の自分の姿かあるいは会社の姿が思い浮かばないようなところで働きたいと思ってます。なので、カオスというキーワードで会社選びをしています。

たかし

あべたか

(笑)

見えない方がワクワクするってことやね。

自分に合う企業ってはっきりわかっているものなの?

抽象的なあるいは主観的な話になるので曖昧ではありますが、曖昧だからこそ実際に会社に足を運んでみないとわからないですね。だからこそみんなインターンに参加したがりますし、その実体験をもとに意思決定をするのが最近の当たり前になりつつあると思います。

たかし

現役就活生の実態(まとめ)

思っているよりも時代の変化は著しい

現役就活生の実態を聞いてみていかがでしたか?私自身就活をしていた当時と比較すると今とはかなり違うなと感じます。スマホは持っていましたが、大手ナビを中心に就活をして社長と直接会ってご飯に行くことや、SNSばりのプロフィールを打ちこみ企業からのスカウトを待つ、といったようなサービスはなかったです。

 

そして5Gの日本上陸。 現在東京では渋谷スクランブルスクエアやスカイツリー、羽田空港などで5Gを使用できるそうです。2時間の動画を3秒でダウンロードできるという5G、それによってまた就活のやり方も変わってくるでしょう。現時点でも企業の採用動画がある場合は7割以上の学生が視聴し、そのうち6割以上の学生が志望度が上昇したというアンケート結果も出ています。(調査機関:レバレジーズ株式会社 キャリアチケットリサーチ)

企業側はホームページはもちろんのこと、動画の配信、SNSの活用など事業だけでなく採用活動においてもこの時代の変化に対応していく必要がありますね。

 

Z世代・ミレニアル世代の思考を取り込むことがカギ

採用コンサルティング資料一部抜粋 presented by BALENCER Inc.

今の20~30代はいわゆるZ世代・ミレニアル世代といわれる人たちです。スマホは当たり前、モノは所有(購入)せずに共有する、年収よりもフォロワー数を求めるなど。今後事業拡大をしていくにあたって彼、彼女らの思考を把握し企業にも取り入れていくことは必要不可欠です。

去年までこれで成功していたから今年もそのままいこうでは生き残れない時代です。採用においても、顧客としてもメインターゲットであるZ世代・ミレニアル世代の人たちはスマホを片手に世界中から情報を仕入れ、どこにいても好きなものを買ったり、好きな人と出会い繋がれます。誰もが”自分らしく生きる”ことがより実現しやすくなった今、企業側が発信していかないといけないのは企業が持つ人格この会社に所属したらどんな人間になれるのか、どういう体験ができて、どう生きていけるのかといったことがイメージできるような発信をすることで、Z世代・ミレニアル世代の方に響き良いマッチングが生まれると思います。

 

過去の成功に囚われず、柔軟に変化していくこと。いつの時代でも必要なスキルですね。

バレンサ―では採用コンサルティングもしています。(戦略戦術立案、実行まで受けています。)

・今の採用活動のままでいいのか

・変化に対応していくためにはどうしたらいいのか

・採用活動における戦略・戦術を考えてほしい

など当てはまる方はぜひ気軽にホームページやSNSからご連絡ください✨

 

BALENCER Inc. PR

Mana Sakakoshi

 

Facebook
Twitter
FOUNDER/CEO BUSINESS DESIGNER
阿部 貴之

大学卒業後、人材コンサルティング会社にて求人広告の営業、及び営業マネージャーに従事。株式会社リクルートキャリア出向。株式会社ジェイオーダー最高執行責任者を経てブランディングプランナーとして2018年に独立。同時にブランディング会社執行役員・シニアアドバイザーを兼務。その他複数社と人材採用コンサルティング契約を締結。2019年BALENCERを創業。

時代の流れの変化も激しい中、求人広告だけ載せておけばいい。そのような時代ではなくなりました。 求職者はIT分野を含めたあらゆる情報を取得し企業を選択します。採用上の表面的な見せ方ではなく、本質的な企業らしさを抽出すること。らしさを表現する採用ブランディング、コーポレートブランディングから一緒に考え、アウトプットしていく。これが長期的にいい人材を採用し、定着させる唯一の方法であると考えました。最初だけ良いことを言って、時間が経てば、企業の担当から離れる営業がたくさんいたと嘆くクライアントのみなさま。 私は長きに渡り、クライアントの傍でビジネスを一緒に作るということを行ってまいりました。採用でお困りの企業様、企業文化づくりや浸透、文脈デザインで頭を悩ませている方々、一時的なものではなく、長期的なスタンスで一緒に育てていきましょう。
BUSINESS PLANNING
高木 泰弘
2006年米国セントラルオクラホマ大学卒業。株式会社リクルートにて求人広告営業の後、2012年にコワーキングスペースsharebase.Incを創業。2016年世界42カ国にパートナーを持つコスプレ世界大会運営会社、株式会社WCSにて取締役CFO就任。1.5億円の資本調達及び海外統括として20カ国へ大会審査員として訪問、10カ国の新規参加国の受け入れ。現在エストニアにてTransferwiseのKYC部門を担当。バレンサーの新規事業で参加。
人は自分自身がどういう人間だと定義するかで行動から何から全てが変わります。他の人にどう見られているか、期待されているかにも大きく影響を受けます。一人の人間がそうであるなら、多数の人間で構成される会社はいわずもがなです。ブランドは絶え間ない自問自答であり、活動の一つ一つであり、歴史であり、結果としてアイデンティティとなっていきます。バレンサーの寄り添う力がそのブランドづくりに貢献できたらと考えています。
SALES・PR
坂越 真奈
大学卒業後、金融機関にて6年半営業職に従事。資産家、法人オーナーを中心に資産運用から相続、事業承継など幅広くコンサルティングを行い社長賞/新人営業トップなど受賞。その後独立、個人向け営業コンサルティング・コーチングを実施。バレンサーのセールス・PR・運営業務を広く担うオールラウンドプレイヤー。
我々バレンサ―は企業の持つ人の心を動かすような”大切な抽象的なもの”(目的、信念、それらを語るストーリーなど)を明確にし、 伝えたい人に伝わるようにすることを事業としています。そうすることによって欲しい人材に溢れ届けたい人に商品やサービスを届けられ企業(人)の唯一無二の価値が確立されるその価値の提供が関わる人(企業)を幸せにできるものだと確信しています。
CMO(Chief Marketing Officer)
加藤 梨紗
(株)リクルートマーケティングパートナーズでブライダル業界のBtoB営業に従事。データに基づいた仮説検証と企画提案で効果を創出することに楽しさを覚える。その後、映像やイベント、シェアオフィスの運営など幅広い業態を扱う会社でプロデューサーとして携わった後、広告制作会社を経て独立。BtoC分野のマーケティング・企画を得意とするバレンサーのマーケッター。
私たちは、強みも専門領域も全く違う。だからこそお互いを信用して、自分にできることを一生懸命やることができる。このぬるま湯とは程遠い居心地の良さが少しづつ大切な人に染み出して、アベンジャーズをどんどんスーパーチームにしていくこと。そして、困ったり、悲しい思いをしている人や事業の力になれたら、本当に嬉しく思います。これがバレンサーに期待すること、ならびに私もコミットしたいと思っているところ。