BALENCER BLOG

WITHコロナ時代に見直すべき、 1 to 1のコミュニケーション

不要不急の外出自粛モードとなってから、1ヶ月以上が経ちました。

仕事も飲みも恋愛のあれこれもオンラインに移行して、

「会う」ことを前提としたコミュニケーションが激減。

会えば雰囲気でどうにかできていたことも、

より細かな説明や資料が必要になったり、

テキストでニュアンスを伝える難しさに直面している方も多いのではないでしょうか。

何事も正解はないと思いつつ、絶対に手放してはいけないこと、

それは「尊重する」ことじゃないかと思うのです。

尊重の一歩目、「自分と相手の違いを知る」

一匹狼タイプで組織から浮き続けた私が、関わる相手を尊重したい、理解したいと試行錯誤する中で出会った、おもしろい本をご紹介します。

(ストーリー仕立てなので、本が苦手な方もぜひ)

あらすじ:

人間と大型類人猿が枝分かれした約1,300万年前から、違う特性を持った4つの種族。オラウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ。彼らが作る社会は全く異なっており、同じ群れを作ることはない。今の人間社会は別の種族が生活を共にしていると捉えると、どんな関わり方ができるのか…。

どんな方にオススメしたいかを簡単に。
 ・チームの中に、どうも居心地の悪いコミュニケーションの人がいる
 ・え、そんな風に受け取られる!?という経験がある
 ・会議で発言の偏りを感じる
 ・平たく言えば、理解不能な人がいて、嫌いになりそう

診断はこちらから↓

精神科医 名越康文監修 類人猿分類診断 GATHER – 夜間飛行yakan-hiko.com › gather

相手の視点で見る、自分の特性

この本を読んで何が良かったかというと、どのタイプの人も「いないと困る」と思えたこと。役割が違う、ということを理解できたこと。そして、それぞれのタイプを尊重してうまく付き合えるようになったこと。

公私共々、チンパンジーと付き合うことが多いのですが、チンパンジーの視点で私(オラウータン)の特性を捉えることで、「ああ今、非協力的に映っているんだろうな」とその場で感じるようになりました。(ただどうすれば解決できるかを考えているだけなのですが)

そういう態度が相手からすると、自分だけバタバタしてて馬鹿にされている気持ちになっているなんて想像もしていなかったのです。(こういう時、ゴリラはさぞ冷や汗をかいたことでしょう。ごめんね)

そんな時は、「大丈夫、ついていくよ。私に何ができる?」と声を掛けられるだけで、チームが円滑に回るということも学びました。

オラウータンの苦悩

曲がりなりにも「UP or OUT」で有名な、R社で働いていた私。ある種、過干渉なお節介力の強い仲間に恵まれ、たくさんの人にお世話になりました。ただ、もうここでは不要だなと感じたことも。

超オラウータンな私。お金や肩書き、評価は基本的に二の次で、仕事内容が納得できるかどうか、共感できるか、やりたいと思うか、が重要。

ただ、サラリーマンのキャリアパスには基本的に昇格を目指す以外の道があまりないのです。仕事をすればするほど、上にいかなきゃいけない雰囲気で “ 評価 ” を気にし出した瞬間、見事に結果を出せずに苦しんだ時期。

あの時はしんどかった。

事実を捉えるときの距離感が周囲と違うばかりに、自分は人に興味がなさすぎるんじゃないか、と感じるシーンが多かったのです。これは、組織において致命的なのではないか、と。あれ?私浮いてるな?と。浮いていること自体にはなんとも思わないものの、周囲に迷惑がかかっているんじゃないか?と思うことが多かった。

今、組織で自分を浮いていると感じている「オラウータン」の方。

大丈夫です。それはあなたの特性。ただし、別の種族からどう見えているかを知った今、あなたは一つ武器を手にしたと言えます。自分で自分の機嫌をとることがうまくなります。だから、過去の自分を超えるプロになりましょう。必ずそれは力になるから、と。エールを贈りたい気持ちです。

次会う時は、居心地のいい人になれる。

金曜日の夜に、家の近くの焼鳥屋で久々に外食をしました。

この時期なので、店主のおっちゃんが一人でオーダーから焼きから何もかも対応していて、控えめに言ってもこんな塩辛くて焦げた焼鳥食べたことないわ!って代物やったんです。

ハイボールも、氷→ウイスキ→炭酸水→チューハイに入れる甲類焼酎的な何か(!)と、おっちゃんレモンサワー作りすぎて混乱。めっちゃ濃いぃハイボール。

それでも久々の外食は、本当に嬉しかった。

外食が贅沢品だった時代って、こんな感じやったんかなって。

タイムスリップしました。

こうして、特に意識せずにしていたことが、

一つ一つ意味や意義を持っていくんでしょうね。

会うこと、場を持つことの価値が高まる。

会った時に、居心地のいい人になっていたいですね。

BALENCER Inc. CMO

RISA KATO

Facebook
Twitter
FOUNDER/CEO BUSINESS DESIGNER
阿部 貴之

大学卒業後、人材コンサルティング会社にて求人広告の営業、及び営業マネージャーに従事。株式会社リクルートキャリア出向。株式会社ジェイオーダー最高執行責任者を経てブランディングプランナーとして2018年に独立。同時にブランディング会社執行役員・シニアアドバイザーを兼務。その他複数社と人材採用コンサルティング契約を締結。2019年BALENCERを創業。

時代の流れの変化も激しい中、求人広告だけ載せておけばいい。そのような時代ではなくなりました。 求職者はIT分野を含めたあらゆる情報を取得し企業を選択します。採用上の表面的な見せ方ではなく、本質的な企業らしさを抽出すること。らしさを表現する採用ブランディング、コーポレートブランディングから一緒に考え、アウトプットしていく。これが長期的にいい人材を採用し、定着させる唯一の方法であると考えました。最初だけ良いことを言って、時間が経てば、企業の担当から離れる営業がたくさんいたと嘆くクライアントのみなさま。 私は長きに渡り、クライアントの傍でビジネスを一緒に作るということを行ってまいりました。採用でお困りの企業様、企業文化づくりや浸透、文脈デザインで頭を悩ませている方々、一時的なものではなく、長期的なスタンスで一緒に育てていきましょう。
BUSINESS PLANNING
高木 泰弘
2006年米国セントラルオクラホマ大学卒業。株式会社リクルートにて求人広告営業の後、2012年にコワーキングスペースsharebase.Incを創業。2016年世界42カ国にパートナーを持つコスプレ世界大会運営会社、株式会社WCSにて取締役CFO就任。1.5億円の資本調達及び海外統括として20カ国へ大会審査員として訪問、10カ国の新規参加国の受け入れ。現在エストニアにてTransferwiseのKYC部門を担当。バレンサーの新規事業で参加。
人は自分自身がどういう人間だと定義するかで行動から何から全てが変わります。他の人にどう見られているか、期待されているかにも大きく影響を受けます。一人の人間がそうであるなら、多数の人間で構成される会社はいわずもがなです。ブランドは絶え間ない自問自答であり、活動の一つ一つであり、歴史であり、結果としてアイデンティティとなっていきます。バレンサーの寄り添う力がそのブランドづくりに貢献できたらと考えています。
SALES・PR
坂越 真奈
大学卒業後、金融機関にて6年半営業職に従事。資産家、法人オーナーを中心に資産運用から相続、事業承継など幅広くコンサルティングを行い社長賞/新人営業トップなど受賞。その後独立、個人向け営業コンサルティング・コーチングを実施。バレンサーのセールス・PR・運営業務を広く担うオールラウンドプレイヤー。
我々バレンサ―は企業の持つ人の心を動かすような”大切な抽象的なもの”(目的、信念、それらを語るストーリーなど)を明確にし、 伝えたい人に伝わるようにすることを事業としています。そうすることによって欲しい人材に溢れ届けたい人に商品やサービスを届けられ企業(人)の唯一無二の価値が確立されるその価値の提供が関わる人(企業)を幸せにできるものだと確信しています。
CMO(Chief Marketing Officer)
加藤 梨紗
(株)リクルートマーケティングパートナーズでブライダル業界のBtoB営業に従事。データに基づいた仮説検証と企画提案で効果を創出することに楽しさを覚える。その後、映像やイベント、シェアオフィスの運営など幅広い業態を扱う会社でプロデューサーとして携わった後、広告制作会社を経て独立。BtoC分野のマーケティング・企画を得意とするバレンサーのマーケッター。
私たちは、強みも専門領域も全く違う。だからこそお互いを信用して、自分にできることを一生懸命やることができる。このぬるま湯とは程遠い居心地の良さが少しづつ大切な人に染み出して、アベンジャーズをどんどんスーパーチームにしていくこと。そして、困ったり、悲しい思いをしている人や事業の力になれたら、本当に嬉しく思います。これがバレンサーに期待すること、ならびに私もコミットしたいと思っているところ。