BALENCER BLOG

ブランドとはアイデンティティであり歴史

新規事業担当として北欧の小国・エストニアで活動している高木です。

人口150万人程度と日本の福岡市くらいしかいない国ですが、
スカイプをはじめユニコーンを4社輩出しており、
世界初の電子投票、電子居住者制度を実装するなど面白いことが起きています。


(ソ連への無血革命=歌唱革命を祝う祭り、ラウルピドゥ 筆者撮影)

旧ソ連国で、昔からデンマーク、スウェーデン、ドイツ、ロシアなど
様々な国に支配されてきてやっと1990年に本当の意味で独立を勝ち取った新しい国ですが、
エストニアの民族事態は1万年ほど同じ血統が続いているという、
その歴史から見ると不思議なくらい純潔な国です。
ソ連から独立したあと電子国家を作ろうとした理由はここにあって、
物理的に国がなくなっても民族の独立を守るためには
電子上に国を作るしかない、という危機感からでした。

最近はエストニアは電子国家、スタートアップの国、
というブランドが確立されつつありますが、
その中身というのはただ単純にそう見せたいから、
人や企業を誘致したいから、というだけではなく、
歴史に裏付けられた「エストニアとは何なのか、何であるべきなのか」
というのがベースになっています。
電子国家と言っても最初はかなり試行錯誤していたようですが、
国の電子化を諦められない理由があったからこそ、
継続して取り組んできたとのこと。

具体的なブランディングの一つとしては、
国全体で統一したイメージを活用できるようにツールボックス
(https://toolbox.estonia.ee/)を用意しています。
写真だけでなく独自のフォントAinoの使用を推奨することで、
どんな会社のどんなWEBサイトを見たとしても
一目で「エストニアっぽい」雰囲気をつくれるようになっています。


https://brand.estonia.ee/design/typography/

分かりやすい例ですが、こういうのを見て
「じゃあうちもフォントを統一しよう!」と感じたら危険信号です。
表面から始まるブランディングほど継続せず効果が出ないものはありません。

バレンサーのミッション
「どこまでも寄り添うことで、関わるすべての人を笑顔にする」です。
ブランドとはその会社やプロダクト・サービスの歴史であり、
点で作り上げることはできません。
長い時間軸での一貫性と覚悟、覚悟を支える根拠と経験が必要です。
そして中から見た歴史だけではなく、外からの見え方も同時に必要となってきます。
ブランドとは何よりも外と中の中間地点にいる人の定点観測が必要で、
バレンサーがそうなっていくといいなと思いジョインしました。

代表の阿部とは実は高校時代の友人で、
当時私は社交性がまったくない人間でした。
ファイナルファンタジー(ゲーム)が友達でした。
対して阿部はどのクラスに行っても人気者。
学園祭で歌って女の子に囲まれている感じです。
偶然ですが、高校の三年間、全て同じクラスでした。
私は高校一年の時はまったくの根暗でしたが、
阿部がどこまでもフラットに遊びに誘ってくれて、外の世界を知るようになりました。
そして次第に「自分は外のことに意外と興味があるのかも」と気づきました。

もっと広い世界を見たいと、大学はアメリカに留学することになりましたが、
阿部のオープンで分け隔てなく、
かつ時々深いことを言って人に考えさせるような性格が、
根暗だとしか考えていなかった私自身の
新しい側面を発見させてくれたのだと思っています。

人は自分自身がどういう人間だと定義するかで行動から何から全てが変わります。
他の人にどう見られているか、期待されているかにも大きく影響を受けます。
一人の人間がそうであるなら、多数の人間で構成される会社はいわずもがなです。
ブランドは絶え間ない自問自答であり、活動の一つ一つであり、
歴史であり、結果としてアイデンティティとなっていきます。
バレンサーの寄り添う力がそのブランドづくりに貢献できたらと考えています。

エストニアでの新規事業に関しては
欧州宇宙機構と連携して開発している衛星サービス・SILLEを
日本でプロモーションしており、
2月には視察団として日本各地を回る予定です。

バレンサーの新規事業として
SILLEのブランディング・プロモーションを行っていく予定です。
乞うご期待。

FOR LOVED ONES.
BALENCER.Co.,Ltd. business planner
Yasuhiro Takagi

Facebook
Twitter
FOUNDER/CEO BUSINESS DESIGNER
阿部 貴之

大学卒業後、新卒から12年間人材コンサルティング会社(現 株式会社インオーダー)にて求人広告の営業、及び営業マネージャーに従事。また、株式会社リクルートキャリアにトップガンで出向。グループ会社株式会社ジェイオーダー最高執行責任者を経てブランディングプランナーとして2018年に独立。同年からブランディング会社COO・シニアアドバイザーを兼務し、複数社と人材採用・WEBコンサルティング契約を締結。2019年12月に株式会社バレンサー(BALENCER Inc.)を創業。

時代の流れの変化も激しい中、求人広告だけ載せておけばいい。そのような時代ではなくなりました。 求職者はIT分野を含めたあらゆる情報を取得し企業を選択します。採用上の表面的な見せ方ではなく、本質的な企業らしさを抽出すること。らしさを表現する採用ブランディング、コーポレートブランディングから一緒に考え、アウトプットしていく。これが長期的にいい人材を採用し、定着させる唯一の方法であると考えました。最初だけ良いことを言って、時間が経てば、企業の担当から離れる営業がたくさんいたと嘆くクライアントのみなさま。 私は長きに渡り、クライアントの傍でビジネスを一緒に作るということを行ってまいりました。採用でお困りの企業様、企業文化づくりや浸透、文脈デザインで頭を悩ませている方々、一時的なものではなく、長期的なスタンスで一緒に育てていきましょう。
BUSINESS PLANNING
高木 泰弘
2006年米国セントラルオクラホマ大学卒業。株式会社リクルートにて求人広告営業の後、2012年にコワーキングスペースsharebase.Incを創業。2016年世界42カ国にパートナーを持つコスプレ世界大会運営会社、株式会社WCSにて取締役CFO就任。1.5億円の資本調達及び海外統括として20カ国へ大会審査員として訪問、10カ国の新規参加国の受け入れ。現在エストニアにてTransferwiseのKYC部門を担当。バレンサーの新規事業で参加。
人は自分自身がどういう人間だと定義するかで行動から何から全てが変わります。他の人にどう見られているか、期待されているかにも大きく影響を受けます。一人の人間がそうであるなら、多数の人間で構成される会社はいわずもがなです。ブランドは絶え間ない自問自答であり、活動の一つ一つであり、歴史であり、結果としてアイデンティティとなっていきます。バレンサーの寄り添う力がそのブランドづくりに貢献できたらと考えています。
SALES・PR
坂越 真奈
大学卒業後、金融機関にて6年半営業職に従事。資産家、法人オーナーを中心に資産運用から相続、事業承継など幅広くコンサルティングを行い社長賞/新人営業トップなど受賞。その後独立、個人向け営業コンサルティング・コーチングを実施。バレンサーのセールス・PR・運営業務を広く担うオールラウンドプレイヤー。
我々バレンサ―は企業の持つ人の心を動かすような”大切な抽象的なもの”(目的、信念、それらを語るストーリーなど)を明確にし、 伝えたい人に伝わるようにすることを事業としています。そうすることによって欲しい人材に溢れ届けたい人に商品やサービスを届けられ企業(人)の唯一無二の価値が確立されるその価値の提供が関わる人(企業)を幸せにできるものだと確信しています。
CMO(Chief Marketing Officer)
加藤 梨紗
(株)リクルートマーケティングパートナーズでブライダル業界のBtoB営業に従事。データに基づいた仮説検証と企画提案で効果を創出することに楽しさを覚える。その後、映像やイベント、シェアオフィスの運営など幅広い業態を扱う会社でプロデューサーとして携わった後、広告制作会社を経て独立。BtoC分野のマーケティング・企画を得意とするバレンサーのマーケッター。
私たちは、強みも専門領域も全く違う。だからこそお互いを信用して、自分にできることを一生懸命やることができる。このぬるま湯とは程遠い居心地の良さが少しづつ大切な人に染み出して、アベンジャーズをどんどんスーパーチームにしていくこと。そして、困ったり、悲しい思いをしている人や事業の力になれたら、本当に嬉しく思います。これがバレンサーに期待すること、ならびに私もコミットしたいと思っているところ。